2019年7月29日、今年7回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。

3週間前に2度目の発表会出演を果たし、また経験を積まれたお二方。
心なしか、顔つきも違うような気がします。

今日からは、早速次の発表会に向けて、新曲『菩提樹』の練習スタートです。

新曲は参加者のリクエストで

『菩提樹』は、シューベルトの歌曲集「冬の旅」の1曲です。

これまで、合奏未経験者向けアンサンブルでは、発表会が行われる季節に合わせて曲を決め、演奏してきました。

今回は気分をガラッと変えて、全く関係ない曲を選ぼうかとも思ったのですが、参加されてる方の「次の発表会では、やっぱり冬の曲をやりたいですね。シューベルトの歌曲集の中の曲はどうですか?」の言葉により、こちらの曲に決定しました。

この『菩提樹』が、「冬の旅」の1曲だとご存知だったこともすごいですが、「アンサンブルでやってみたい!」とリクエストしていただけるのも、ありがたいことです。

今後もぜひ「この曲をクラリネット重奏でやりたい」というご希望を、どんどんお伝えいただけたらと思います。

自分の楽器の音程を知っておく

今日は、久しぶりにきちんと全員でロングトーンを行いました。

全くチューニングしていない状態で始めたのですが、それでもぴったり合う音、逆に大きくずれる音、といろいろでしたね。

この時期、どうしても暑いので、チューニングがずれやすくなります。
自分の楽器が、これくらいの気候の時に、ケースから出してすぐだとどれくらいの音程なのか、基礎練習後だとどれくらい上がるのか、などをしっかり把握しておくと、いざチューニングをする時に、スムーズに合わせることができます。

また、演奏中はどんどん上がっていきますので、その上がり幅も知っておけば、対応が容易になります。

吹いている最中に、チューナー(チューニングメーター)のマイクを、ずっとベルにつけたままにしておくようなことは、私はお勧めしていませんが、「合奏の前に合わせたから、全ての音程が大丈夫」ということはありませんので、しっかり耳を使って、周囲と音程を合わせるくせをつけておきましょう。

夏こそこまめな掃除を

またこの季節、暑いですし、クラリネット本体にあまり水が溜まらないイメージがあるかもしれませんが、エアコンのある場所で練習していると、管体が思いの外冷えているので、結構あっという間に水が溜まります。

気づいたら、足元にぽたぽた…ということも。

水が垂れるまで掃除しないのは、放置しすぎです。
冬場と同じように、こまめな掃除をしましょう。

徐々に他パートに気を回す

『菩提樹』は、初合わせにしては、上手に吹けましたね。

もっと縦の線を意識できると、演奏がすっきりします。
自分のパートに慣れてきたら、視界を広く使って、他のパートに気を回せるようにしていきましょう。

来月も楽しみにしています。

次回のクラリネットアンサンブル(未経験者向け)

2019年10月28日(月)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(未経験者向け)

12月の発表会の曲がいよいよ決定しました。
『菩提樹』『白鳥の湖より~情景』を、正確に、音楽的に仕上げていきましょう。
譜面自体はそこまで難しくないので、アンサンブルに自信がない方も、ぜひご参加下さい。

クラリネットアンサンブル(未経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags