2018年12月21日、今年12回目の合奏未経験者向けアンサンブルが行われました。

2018年最後のアンサンブルは、発表会前最後のアンサンブルでもあります。

なんだか皆さんから不安げなオーラが漂っていますが、積み重ねてきた練習を信じて、今日はバシッと仕上げをしましょう。

演奏曲目

  • トロイメライ
  • くるみ割り人形より 行進曲
  • くるみ割り人形より 花のワルツ

クラリネットを室温になじませよう

冷え込むこの季節、楽器も冷えています。

特に、学校の楽器庫に置いてあったり、レッスンやアンサンブルで移動があり、外を持ち歩いた時には、キンキンに冷えてしまいます。

まずは、しっかり音出しをして、楽器を温めましょう。

時間があれば、下の音からロングトーンをすると、効率的に楽器を温められると思います。

冷えた状態の楽器で、音程を気にしても仕方ありません。
充分温まっていないと、音程が低くなるからです。

また、楽器が温まらないと、細く詰まったような音色になり、気持ち良く演奏することができません。

たっぷり息を吸って、たっぷりクラリネットに吹き込みましょう。

冬場は特にこまめな掃除を心がけよう

楽器を温める時に注意していただきたいのが、こまめに掃除をすることです。

冷えた楽器に、温かい息を吹き込めば、当然水滴となって管の中を流れます。
何も悪さをせずに流れるだけならいいのですが、運指によって開放されたホール(音孔)の方に流れてしまい、そこに溜まります。

その、水が溜まったホールを開けた音を吹くと、「プルッ」という、雑音がしてしまうのです。

一旦ホールに水が溜まってしまうと、なかなか抜けず、演奏中に何度も水抜きの作業をしなくてはならなくなります。
しょっちゅうスワブを通すことは、面倒に感じるかもしれませんが、ホールに溜まってしまったあとの対処を考えると、手間が大幅に違います。

冬場、クラリネットをケースから出してすぐの時には、3~5分おきに掃除するようにしましょう。

私は、最低音「ミ」からロングトーンをして、レジスターの音域に入る手前の「ラ♯」まで行ったら、一度掃除をするようにしています。
吹いて間もなく感じますが、それでも水が流れかけていることはあります。

特に、新しい楽器に関しては、管内に水の通り道をつけないためにも、せっせとスワブを通すクセをつけて下さいね。

通し練習でペースの配分を掴む

みんなでロングトーンをしたあとは、本番さながらに通しです。

複数曲練習する必要がある場合、まずは1曲吹いて、細かい点を確認してから、では次の曲…という練習の進め方をすることが多いと思いますが、本番が近くなってきた時には、最初に1回、時間・体力・気力に余裕があれば最後にも1回通すようにしましょう。

なぜなら、1曲ずつバラバラに吹いている時と、通した時では、ペース配分が異なるからです。

「先を見越して、手を抜きましょう」ということではないので、勘違いしないでいただきたいですが、複数曲演奏する際や、長い曲を演奏する時には、常に全力でいることはできません。

また、常に全力の演奏は、聴いている方も疲れてしまいます。

うまく抜きどころを作ったり、逆にしっかり吹き込むべき部分を掴むためにも、通し練習というのは重要になってきます。

最初の1回でそれを見極め、最後の通しできちんと体現する。

これが、本番でより良い演奏をするために、とても大切なことです。

「合う楽しさ」を体感しよう

この合奏未経験者向けアンサンブルにご参加の皆さんも、元々は「合奏未経験」とは言え、すっかりアンサンブルのコツを掴まれてきたようです。

なにより嬉しいのは、皆さん楽しそうに演奏されていること。

本番では、「みんなで吹く楽しさ」にプラスして、「1人1人が吹いた音が、合う楽しさ」も感じていただけたらいいなと思います。

まだ発表会を控えてはいますが、今年もありがとうございました。
来年もいろいろな曲に挑戦していきましょう!

次回のクラリネットアンサンブル(未経験者向け)

2019年1月28日(月)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(未経験者向け)

2018年12月の発表会での初舞台も、無事に終了しました!
新年第1回目のアンサンブルは、耳馴染みのあるクラシック曲をご用意する予定です。
簡単な楽譜も準備できますので、「アンサンブルって、気になるけどちょっと不安…」という方も、参加なさってみませんか?
みんなで合わせるのは、とても楽しいですよ。

クラリネットアンサンブル(未経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り3名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags