前回から、バンド形式のアンサンブルに参加予定だった生徒さん。
当日、急に都合が悪くなってしまい、いらっしゃれなくなってしまいました。

今月こそは、と頑張っていらっしゃいますが、なにせ新しい曲が4曲もあり、苦戦中です。

今まで、ピアノ伴奏でソロは吹かれていましたが、やはりアンサンブルとなると、お休みが多いのがネックのようです。

休みで見失ってしまう原因は

ロングトーンで「吹きながら数を数える」という練習は、普段からしていると思います。

最初は難しく感じる「吹きながら数を数える」、慣れてしまえば意外と簡単なのですが、合奏中に音の吹き終わり(特に長い音符)から、少し長めの休みに入ってしまうと、訳がわからなくなってしまうことが多くないですか。

これは、休みが目に入ってしまい、まず長い音符が曖昧(カウントがなんとなく)になってしまうことが原因です。

曲中の心構え

それを解消するには、当然と言えば当然なのですが「長い音符をしっかり最後まで数える」(これはロングトーンでやっていることの応用です)、「休みを、指を折りつつでも構わないので、数え続ける」ことが大事になってきます。

この時「何がなんでも食らいつく」気持ちが大切です。

曲中、一度わからなくなってしまう(これを「落ちる」と言います)と、元に戻ることは、よっぽど慣れた曲以外は無理でしょう。

落ちたタイミングによっては、曲のほとんどを吹かずに終わる…なんてことにもなりかねないので、「とにかく落ちない」ことを念頭に臨みましょう。

聴くけど聴きすぎない

1人で練習している時にはできていても、いざ他の人と合わせるとなると、つい別の音が耳に入ってしまって、うまく数えられなくなってしまうことがあります。

また、例えばメロディを頼りに入る癖をつけてしまうと、そのパートがうっかり入り間違えてしまったり、落ちてしまった時に、自分もわからなくなってしまいます。

他のパートを聴くことはとても大切ですが、そのせいでわからなくなったり、つられて間違えたりしないように、自分を信じて数を数え続けるようにしましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags