今月のアンサンブルで新曲をやるため、しばらく使っていなかった♭の指に一生懸命慣れている最中の生徒さん。
早いもので、次の火曜日にはアンサンブルがやってきます。

この曲は、途中で転調して、クラリネットの場合は♯1つが♭3つになるのですが、今日は♭の運指を徹底するため、♯1つの部分はやらないことに決めました。

指はもちろんのこと、この方が担当してるのは対旋律のパートなので、私がメロディを吹いて、どのようにメロディと絡むかも、今日は体感していただきます。

完全に転調する2小節前から、臨時記号がついて、自然に転調できるように作ってある曲なので、そこからスタートです。

誰かと合わせる時に、1人で吹いている際と大きく違うことは、止まれない、戻れないことです。
もちろん、1人で吹いている時も、止まったり戻ったりしてはいけないのですが、ついうっかり吹き直してしまうことがあると思います。

アンサンブルや合奏では、そんなことをしてしまったら、あっさり置いていかれてしまって、なかなか元に戻ることはできないでしょう。

普段からやっていないことを、「人と合わせるから」という理由で、いきなりやろうとしてもできません。
練習の時にたまに通すようにして、間違えたりうまく吹けなくても、先に進む癖をつけておきましょう。

過ぎた部分は当然過去です。
もう修正はできないので「あ!間違えた!」と思っても、先にある音を正しく吹くために、過ぎたことにとらわれず、気持ちを切り替えて前に行くことが大事なのです。
間違えた部分や吹けなかったところは、あとで練習しておいて下さいね。

また、熱心に練習している人でも、個人練習ではほぼ飛ばしている部分というのがあります。
長休符です。

長休符というのは、五線の真ん中の線が少し太くなっていて、両脇に短い縦線があり、上に「3」だったり「8」だったり、数字が書いてあるあれです。
この写真にも何ヶ所かありますが、1人で練習していて、律儀にこの長さ分休んでいる人というのは、なかなかいないのではないでしょうか。

そうすると、いざ合わせた時に「ん?あれ?」ということになりかねません。
かと言って、1人で吹いているのに、ただひたすら休むというのも、なんだか時間がもったいない気がします。

では、どうすればいいのでしょうか。

私は、初見だったり、まだ慣れていなくて自信のない時は、指折り数えます。
さらに、例えば四分の四拍子で3小節休みの時は、心の中で「1・2・3・4、2・2・3・4、3・2・3・4」と、小節のあたまのカウントを、何小節目なのかの数字に変えて数えるようにしています。

やり方は他にもあると思います。
とにかく「落ちない(いなくなってしまわない)」ことが大切です。

止まったり戻ったりしないことと、長休符がわからなくならないようにすることは、関係ないように見えて、根底は同じです。
曲を演奏している間はカウントを止めないこと」、これが最重要です。

数えていられれば、吹き間違えたり、一瞬指やリズムがわからなくなったりしても、正しい場所に戻ることができますし、長休符だって自信を持って休めます。

当たり前のように思えて、実は難しく、初見が苦手な人は、これができていないことがとても多いです。
一旦音楽を始めたら、とにかく曲に食らいつく気持ちを持って、冷静に数を数え続けることができるように、訓練を続けていって下さい。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags