いよいよ高校生になる生徒のレッスンでした。

彼女は、レッスンに来始める前は、楽譜にカタカナで「ドレミ」を書いていたので、「まずそれをやめようか」と最初に話したところ、それ以来は一切書かずに頑張っています。

しかし、「書いていないから全然読めない!」なんてことは、全くありません。
きっと「書かないと、なんだか不安…」という状態から、なかなか抜け出せなかっただけなんですね。

次は、初見力を上げる練習をしていきたいと思います。

あなたはどのタイプ?

今までにも初見力の向上については触れてきましたが、再確認していきましょう。

初見が苦手な人のパターンは、大きく4つに分類されます。

  • 数(拍)が数えられなくなってしまう
  • 音がとっさに読めない
  • 音はわかるけれど、正しい指にぱっと行けない
  • リズムがよくわからない

もちろん、複合的な場合もありますが、いずれかに当てはまるはずです。
「初見苦手!」とひとくくりにせず、自分のタイプをしっかり把握して、少しずつ克服していきましょう。

では、1つ1つの練習方法・対処方法を書いていきます。

タイプ別対処法

数(拍)が数えられなくなってしまう

ロングトーンをしていて、音によって長くなったり短くなったり、なんとなく感覚で伸ばしていたりすると、このパターンにあっさり陥ります。

ロングトーンという、音も変わらず、リズムもない演奏で、きちんと数えていないのであれば、当然ですね。

克服するには、やはりまずこのロングトーンから。

「1・2・3・4」「1・2・3・4」と、しっかり頭の中で数えながら、伸ばす練習をします。

慣れてきたら、二分音符・四分音符・八分音符など、タンギングをしながらでも、数え続けられるようにしていきましょう。

音がとっさに読めない

これは、楽譜に慣れていないのが原因です。

時間があったら、なんでも構いませんので、楽譜に触れましょう。

声に出して、書いてある音を読みます。
数えても、時間がかかってもいいので、とにかく読むことが大切です。

一通りできたら、また最初から読みましょう。
繰り返し読むことで、少なくともその楽譜にある音が、段々とインプットされていきます。
ぱっと読める音を、少しずつ増やしていきましょう。

また、ロングトーンのやり方も重要になってきます。

ロングトーンをする時には、必ず楽譜を見るようにして下さい。
手書きで半音階を書いてもいいですし、運指表の楽譜でも大丈夫です。

この練習をすると、次の『音はわかるけれど、正しい指にぱっと行けない』にも役立ちます。

音はわかるけれど、正しい指にぱっと行けない

私達管楽器吹きは、楽譜を見て、例えば「あ、ドだな」と思うと同時に、その音の指を押さえねばなりません。

「あ、ドだな。ということは、この高さのドの指は…」とやっている暇はないわけです。

『音がとっさに読めない』でも書いたように、ロングトーン時には必ず楽譜を見て、「そこに書かれている音が何の音か」と「この音はこの指」が、同時進行でできるようにしていきましょう。

リズムがわからない

リズムというのは、実はそんなにパターンがありません。
そして、苦手なリズムパターンというのも、大体固定されていると思います。

いつも引っかかってしまうリズムは、それだけ取り出して、手を叩きながら(拍子を取りながら)何度も歌いましょう。

楽譜に書かれているリズムパターンと、実際に奏されるリズムが一致しておらず、体に馴染んでいないことが原因ですので、繰り返すことで、体感としてのリズムの認識と、苦手意識の払拭をすることができます。

効果が見えやすい初見練習

このように見ていくと、やはり基礎練習、特にロングトーンが大切なことが、再確認できます。

「この練習は、○○につながっている練習だ」ということを具体的に考えながら基礎練習に臨むことで、先々の演奏が大きく変わっていきます。

新年度です。
心機一転、基礎練習と向き合って、初見がスラスラできる力を手に入れましょう。

やればやった分、身につきますよ。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags