2019年3月26日、第35回目のバンドアンサンブルが開催されました。

本日は、B♭クラリネット2名・ドラム・ギター・キーボード(時々B♭管とバスクラ)の5名での演奏です。

年度末ということで、皆様お忙しいですね。
そんな中、辛うじてお時間を割けた方々が、ご参加下さいました。

せっかく来ていただいたからには、今日も大いに楽しんでいって下さいね!

演奏曲目(順不同)

  • My Favorite Things
  • スーパーマリオブラザーズ
  • グラジオラス
  • ルパン三世のテーマ
  • I Am The Walrus

新曲『I Am The Walrus』

今月は、久しぶりに新曲登場です。
ビートルズの『I Am The Walrus』。

ビートルズにあまり明るくないので、初めて聴いた時は「なんだ、この曲は!」と衝撃を受けたのですが、何回も何回も聴いていたら、なんだか病みつきになる不思議な曲なんです。

いろいろなアレンジで演奏されている、こちらの曲ですが、たまたま私が最初に聴いた音源が、ホルンやチェロなど、それぞれがしっかり自分を主張しているアレンジだったので、そんな演奏を目指せたらいいなと思っています。

リクエストして下さった生徒さんはお休みだったのですが、今日の参加者で初見大会を行うことにしました。

初見演奏の心構え

音源の情報はあらかじめお伝えしていましたが、クラリネットパートがどんな様子かは、具体的に皆さん知らない状態。

にも関わらず、楽譜を配ったら、譜読みの時間も取らずに「はい、合わせますよー」と、半ば無理矢理スタートしてみました。

初見というのは、どうしても抵抗感が強い方が多いかと思いますが、やったらやった分、わかりやすく身につく技術です。

初見にチャレンジする時は、

  • 苦手意識を持たない
  • 完璧を目指そうとしない
  • 楽譜を追うことを諦めない(カウントを続ける)
  • 1つでも多く、楽譜にある音を出す

という点を心がけるといいでしょう。

今まで、多くの「初見が嫌い・苦手」という方と出会ってきましたが、皆さんに共通しているのは「全部をきちんと吹かねばならない」という意識。

もちろん、少しでも多く楽譜通りの音を出したいところではありますが、そこにとらわれて、ちょっとでも読めない音があったり、わからないリズムがあると、止まってしまって先に行けなくなる、というのが、初見が苦手だという方に見られる傾向です。

初見が得意な人の特徴は?

一方、初見が得意な人は、しれっと音を飛ばしたり、間違えても気にせず進めるので、楽譜を追い続けることができます。

音楽的に向上していく際に、そのような姿勢では困りますが、初見の時にはとても大切なことです。

今まで「初見はちょっと…」と渋っていた方が、今回は「全然吹けなかったけど、(演奏に)戻れそうなところで、戻るようにしました」とおっしゃっていました。

それは、楽譜を追い続けられている証拠。
思うように音が出せなかったとしても、初見克服の第一歩です。

その第一歩が踏み出せたら、どうして楽譜にある音が出せなかったのか、考えてみましょう。

音が読めない・音は読めても指が行かない・クラリネット特有の替え指がうまく使えない・リズムがわからない…など、自分の苦手が見えてきたら、そこを重点的に練習すれば、初見はだんだんと得意なものに変わっていくはずです。

替え指を整理しておこう

新曲も他の曲同様、2回通してみたところ、だいぶ様子がわかってきました。

ビートルズを原調で演奏しようとすると、大抵そうなのですが、今回もクラリネットパートは♯が5コもついていて、替え指満載です。

ご相談いただければ、その場に合った運指をお伝えしますので、練習してもよくわからない時は、遠慮なく聞いて下さいね。

来月は人数も多い予定ですし、素敵なアンサンブルになることを楽しみにしています。

次回のバンドアンサンブル

2019年8月27日(火)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

バンドアンサンブル

ゲーム音楽からJ-POP、はたまたビートルズまで、様々なジャンルの音楽を演奏しています。
今は、10月に行うライブに向けて、みんなで練習中!
「かっちりした演奏は苦手…」という方にも、楽しんでいただける曲と編成ですので、ぜひ一緒に演奏しましょう。

バンドアンサンブルは
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags