2019年2月26日、第34回目のバンドアンサンブルが開催されました。

本日は、B♭クラリネット2名・バスクラリネット・ドラム・ギター・キーボード(時々B♭管)の6名での演奏です。

なかなか全員揃わなくて寂しいですが、このメンバーだからこそできる演奏を目指していきましょう。

演奏曲目(順不同)

  • ルパン三世のテーマ
  • American Patrol
  • Take Five
  • グラジオラス
  • My Favorite Things
  • スーパーマリオブラザーズ

楽譜にある情報を音にする

どの曲もかなり慣れてきて、特別意識をしなくても、吹けるようになってきました。

そういう時こそ、しっかり楽譜と向き合いましょう。

なんとなくでも吹ける、ということは、なんとなくな演奏になってしまっていることを意味します。
それは、「こなれてきた演奏」と似て非なるもの。

演奏が、ただの作業になってしまっている可能性があります。

それでは、演奏していても楽しくなくなってしまいますので、まずは自分の楽譜に書いてあることをきっちりと再現しましょう。

  • リズム
  • 強弱
  • アーティキュレーション
  • 表情記号

など、楽譜には、その通りに吹けば曲がきちんとできあがる情報が、たくさん詰まっています。

「自由な演奏」も大切ですが、指示があるものに関しては、一度指示通りに吹くことを心がけるといいですね。

その上で、自分以外のクラリネットパート、ギター、ドラムなどのかっこいい点・気に入った点を取り入れられると、もっと楽しい演奏ができ、その先に「こなれた演奏」が待っています。

周囲の情報をしっかり取り込む

さらには、周囲のパートとの関わり方に気を配ったり、自分の立ち回り方に気を回せれば、合わせる楽しさも倍増します。

隣の方のクラリネットのベルの動きを横目でちらりと見て、タイミングを計って音の出を合わせる、なんてことができると、1人で吹いていては絶対にできない体験ができますし、演奏もレベルアップします。

別の楽しみ方としては、「何か新しい発見がないかな」とアンテナを張ってみたりするのも、おもしろいですね。

「あ、ここでこんな動きしてる人がいるんだ」「このパートって、実はすごく重要じゃない!?」などなど、発見はなんでもいいんです。

ただ漫然と繰り返すだけではない演奏を目指しましょう。

「今できる最高」を目指す

どうしても、同じ曲を長く演奏していると、言葉は悪いですが惰性になりがちです。

しかし、その時・そのメンバーでできる演奏は、一度しかありません。

「今日も楽しかった!」と思える演奏のために、常に新鮮な気持ちで楽曲と向き合えたらいいですね。

次回のバンドアンサンブル

2019年8月27日(火)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

バンドアンサンブル

ゲーム音楽からJ-POP、はたまたビートルズまで、様々なジャンルの音楽を演奏しています。
今は、10月に行うライブに向けて、みんなで練習中!
「かっちりした演奏は苦手…」という方にも、楽しんでいただける曲と編成ですので、ぜひ一緒に演奏しましょう。

バンドアンサンブルは
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags