2018年4月25日、第25回目のバンドアンサンブルが開催されました。

今回はクラリネット2名とオーボエ、ピアノにベースとドラム計6名でのアンサンブル。

クラリネット1名とバスクラリネットがお休みとなってしまったので、講師がクラリネットとバスクラ、キーボードを兼任します。大忙し。

演奏曲は、今回で3度めの合わせとなる「ルパン三世のテーマ」を含む全6曲。

演奏曲目(順不同)

  • Take Five
  • American Patrol
  • リトルマーメイドメドレー
  • Daydream believer
  • My Favorite Things
  • ルパン三世のテーマ

奏者で変わる曲のイメージ

前回合わせた「ルパン三世」、2回目とは思えないほど、まとまった合奏になっていましたが、今回3度目の合わせで早くも仕上がってきました。

今回ゲスト参加していただきましたドラマーさんが、疾走感溢れるドラムで、曲のイメージをガラリと変えてくれて、グルーヴ感溢れるパワフルな演奏を楽しむことができました。

さらに、今回は「題名のない音楽会」にもちょくちょく出演している、プロのオーボエ奏者にも参加して頂けて、美しい音色の中で、みんな気持ちよく演奏することができました。

曲のイメージが変わる時

クラシックの世界では、曲のイメージ・雰囲気が変わる重要な要素の1つに、「指揮者」という存在がいます。

一見すると、ただテンポをキープしているだけのように見えますが、実は指揮者によって、奏者のサウンドは大きく変わります。

様々な楽器が集まり奏でられる1つの大きなサウンドをコントロールする、そんなイメージが近いです。

一方、ジャズやロックの世界では、指揮者がいないため、個々のプレイヤーが持つセンスが、アンサンブル全体のサウンドを変化させます。

奏者や楽器が変わるたびに、曲のイメージは無限に広がり始めます。

自分がやりたい演奏

こんなふうに演奏してみたら、かっこいいサウンドになるかな。

そんな発想が持てたら、あとは音を出すだけです。

オーケストラや吹奏楽でやってはダメですよ!
そこは楽譜を忠実に再現するのが楽しい世界。

この住み分けができると、音楽の楽しみ方は無限に広がっていきます。

次回のバンドアンサンブル

2019年10月29日(火)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

バンドアンサンブル

ライブ後初のアンサンブルです。
本番で演奏した曲に加え、新曲もできたらいいなと思っていますが、何をやるかはお楽しみに!
クラシック以外の曲を、クラリネットで吹いてみたい方は、ぜひご参加下さい。

バンドアンサンブルは
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags