2018年3月27日、第24回目のバンドアンサンブルが開催されました。

今回はクラリネット4名とバスクラリネット、ピアノにベースの計6名でのアンサンブルとなりました。

ドラムがお休みとなってしまったので、リズムはベースとバスクラで支えていきます。

演奏曲は、前回から加わった「ルパン三世のテーマ」を含む全6曲です。

演奏曲目(順不同)

  • Take Five
  • American Patrol
  • リトルマーメイドメドレー
  • Daydream believer
  • My Favorite Things
  • ルパン三世のテーマ

決めるところは決めよう

先月始めた「ルパン三世のテーマ」、2回目とは思えないほど、まとまった合奏になってきました。

頭の中にしっかりと曲のイメージを持てているので、気持ちに余裕が見られます。

この曲には、バシッと決めなければならない部分が数箇所あります。

その直後にある無音状態を引き立てる為にも、全員でしっかり意識してバシッと合わせると、曲の完成度はグッと上がります。

気持ちが揃った演奏を

さて、「ルパン三世のテーマ」よりも1ヵ月前から始まった「My Favorite Things」。

こちらは原曲(サウンドオブミュージックの中の1曲)をJazzバージョンにアレンジした楽譜を使っています。

原曲にはない掛け合いがあり、そこが地味に難しい!

まず、1・2番がハモりながら、まるっきり同じリズムで動き、8小節演奏。
その後、3番とバスクラがハモりながら、同じ動きで8小節…というのを、2セット行います。

ここは、アレンジャーの裁量次第、というか、好み次第で様々なアレンジがされるので、初めて楽譜を見た時は、皆さん「???」状態でしたが、だいぶこなれてきた様子。

しかし、まだまだ同じ動きのはずがちょっとずれてしまったり、通すと入るタイミングがわからなくなってしまったり。

技術的な問題と、ちょっとしたリズムの感じ方の違い、カウントが正確にできているかどうかが、全体の演奏のレベルを決定づけます。

今回はそこだけ取り出して練習してみたので、次回はかっこよく演奏できるといいですね。

普段と違う演奏がしてみたい

全曲を一通り演奏し、2周目に入った頃、生徒さんからTake Fiveを「ちょっとのっぺり吹いてもいいですか?」とリクエストを頂き、演奏していただいたところ、演奏に色気が出て、とっても良い演奏になりました。

楽譜を忠実に再現するだけではなく「自分が吹きたいように演奏できる」のがバンドアンサンブルの魅力です。

クラシック界では馴染みがない人の方が多いかもしれませんね。

Jazzの曲は、楽譜通りにビタビタに演奏するよりも、自分の吹きたいようにアレンジして吹いた方がよりJazzらしくなります。
(本来Jazzとはそういうものです)

「あ、ここ、こうした方が私は好きかも」を続けていくと、音楽の引き出しがどんどん増えていきます。

楽譜通りに演奏するアンサンブルで、自分の好きなようには演奏できませんが、バンドアンサンブルのように、自由に演奏できる機会があったら是非挑戦しみてくださいね。

次回のバンドアンサンブル

2019年8月27日(火)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

バンドアンサンブル

ゲーム音楽からJ-POP、はたまたビートルズまで、様々なジャンルの音楽を演奏しています。
今は、10月に行うライブに向けて、みんなで練習中!
「かっちりした演奏は苦手…」という方にも、楽しんでいただける曲と編成ですので、ぜひ一緒に演奏しましょう。

バンドアンサンブルは
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags