先日、バスクラリネット用シャイニーケースを購入しました。

クラリネットをやっている方の中で、個人持ちの割合が多いのは、B♭管・A管と、バスクラリネットかなと思いますが、楽器ケースについて興味を持ったことはありますか? 軽かったり、小さかったり、丈夫だったり、背負えたり、肩掛けだったり…と、探してみるといろいろな特徴のあるケースがあります。 前回は、B♭クラリネット用のストレートケースについて、お話しました。 クラリネットストレートケースのメリット・デメリット 今回は、意外と情報の少ない『バスクラリネット用・シャイニーケース』につ…

このケースは、Low CでもLow E♭でも使えるため、自分のバスクラリネットに合ったセッティングができていないと、楽器にとって良くありません。

どういう点に気をつけるべきか、しっかり知ってから購入・使用するようにしましょう。

楽器を押さえるパーツを正しく取り付ける

前回の記事にも書きましたが、このケースがフレキシブルに使える理由は、

動かせるパーツにあります。

大小様々なパーツがついていて、その数、実に10個。
このパーツをよーく考えて、正しくセットしないといけません。

例えば、

こちらの写真と

こちらの写真。

あまり違うように見えませんが、上の写真は、キーに干渉するパーツ(キーに部分的に当たっているパーツ)が、実はいくつかあります。

ケースのふたを閉めた時に、パーツがキーとキーの間にうまくはまるように、慎重に合わせましょう。

キーには干渉せず、楽器本体をしっかり固定するように取り付けることが、とても大事です。

上下管も遊びがないように

また、上管・下管をはめるパーツも、「なんとなくはまっているからいいや」ではなく、ぴったり合わせる必要があります。

このように、少しでも遊びがあると、運んでいる最中や、背負う時・下ろす時に、上下動してしまい、バスクラリネット本体に負担をかけることになってしまいます。

めんどくさがらずに、自分の楽器に合った位置に合わせるようにしましょう。

このこだわりが、楽器を守ります。

ベルもしっかり固定

ベルとネックは並べて入れます。

ネックは、仕切られたところに入れるのでいいのですが、ベルはガタガタと動いてしまうので、

この写真の真ん中の、1cmほどの厚さのパーツを必ず使いましょう。
ケースの側面の上管側に貼ってあるはずです。

下管側にも、同じように貼ってあると思いますが、そちらは下管のキーがケースに接触することを防いでくれるものなので、はがしてはいけません。

上管側は、実はなんの影響もないところに貼ってあるので、そちらを使用して下さい。

エンドピンのしまい方

エンドピン固定用のパーツは、真ん中の部分にマジックテープがついていません。

その部分にエンドピンが来るようにして、好きな位置にピタッと留めましょう。

留め方が甘いと、ケースの中でエンドピンが動いてしまいますので、注意が必要です。

また、大きめのゴムがついているエンドピンの場合は、バスクラリネット本体にゴムが当たらないよう、充分に気をつけて下さい。

セッティングに自信がない時は

このシャイニーケース、パーツを正しく取り付けられていない方が、結構多いようです。

先述の通り、きちんと取り付けないと、キーに負荷をかけてしまうことになり、変形などを引き起こす可能性もありますし、運ぶたびに楽器がケース内で動く原因にもなります。

細心の注意を払って、パーツをセットしましょう。

私がお世話になっている、ザ・クラリネットショップでは、自分のバスクラリネットを持参してケースを購入すると、

きちんとその楽器に合わせたセッティングをして下さいます。

さらに、ケースは2割引で取り扱っていますので、いいことづくめ。

「シャイニーケースが欲しいけど、どこに気をつけてセッティングすればいいのか、どうも自信がない…」という方に、お勧めです。

また、修理などの持ち込みでも、間違ってパーツをセットしているケースを見かけたら、直して下さるそうですよ。

せっかくのフレキシブルなバスクラリネット用ケース。
そのケースのいいところを、最大限引き出して使用するようにしましょう。


次の講師ブログ »

関連タグで一気読み
Recommended Tags