クラリネットをやっている方の中で、個人持ちの割合が多いのは、B♭管・A管と、バスクラリネットかなと思いますが、楽器ケースについて興味を持ったことはありますか?

軽かったり、小さかったり、丈夫だったり、背負えたり、肩掛けだったり…と、探してみるといろいろな特徴のあるケースがあります。

前回は、B♭クラリネット用のストレートケースについて、お話しました。

「クラリネットの出し入れ、面倒だなぁ…」なんて思ったことはないですか。 正直なところ、私はあります。 実はクラリネット、吹奏楽やオーケストラなどで吹かれている楽器の中で、一番パーツをばらした状態でケースに収納する楽器です。 さらに、リードの付け外しもあるし、なかなか手間ですよね。 楽器の構造上、どうしようもないことだよな、と受け入れていましたが、先日レッスンにいらした生徒さんが、とてもユニークなケースを持っていらっしゃいました。 「あればいいなー」と想像していたもの…

今回は、意外と情報の少ない『バスクラリネット用・シャイニーケース』について、実際に手に入れてわかったことを、お伝えしていきます。

実はみんな知ってる!?シャイニーケース

「シャイニーケース」は、名前は知らなくても、目にしたことがある方は多いのではないかと思います。

なぜなら、吹奏楽で使われる楽器、ほぼ全種類のケースが出ているんです。

カラフルで、ツルッとしたケース…と聞いて、思い浮かぶ楽器ケースがあれば、ほぼ間違いなくシャイニーケースでしょう。

正式名称は『CCシャイニーケースⅡ』と言い、バスクラリネット用は、2018年4月頃に発売されたようです。

インターネットで調べてみると、「買いました!」などの書き込みはあるものの、使用感などがほとんどありませんので、購入を検討している方々のためにも、特徴を1つずつ見ていきましょう。

シャイニーケースの特徴

軽い

私のバスクラリネットはセルマーなので、元々は茶色のがっしりとしたケースに入っていました。
かっこよくて好きなのですが、量ってみたところ、こちらのケースの重さは、約3.35kg。

一方、このシャイニーケースは、約2.7kg。
ショーケースの上に陳列できちゃうくらいの軽さです。

また、ケース自体が軽いことも去ることながら、背負うこともできるので、運ぶ時はさらに軽く感じます。

私が使っていたセルマーの純正ケースは、ぶら下げることしかできなかったので、運んだ直後には手がプルプルしていて、しばらく字が書けない…なんてこともありましたが、このシャイニーケースで、そんなこともなくなりますね。

スリムな形状

シャイニーケースは、幅が21.5cm。
とってもスリムなんです。

と言っても、「21.5cmってどれくらいかわからない!」ですよね。

セルマーのケースと比べると、こんな感じです。

手前にシャイニーケースを置いてみると、普通にセルマーのケースが見えますね。
ということは、相当大きさに違いがあるということです。

別の角度から見てみると、

こんなに差が!

Low Cのバスクラリネットも入るケースなので、長さ(高さ)はありますが、背負った時の横幅はかなり細いので、左右を気にしながら歩かなくても大丈夫なんです。

背中にリュックサック、右手にバスクラ、左肩には楽譜とバスクラスタンドと譜面台と…と、大荷物で歩いていた私には、自動改札をストレスなく通過できるということだけで、かなりポイントの高いケースです。

全20色のカラーバリエーション

これは、シャイニーケースの一番の特徴ではないかと思いますが、なんと全20色展開。

さすがに、全色を並べて置いているお店はないかと思いますが、自分好みの色のケースを選べちゃいます。

シャイニーケースの販売元(株式会社グローバル)のホームページや、他の楽器向けのケースの紹介の写真などで、どんな色があるかを見ることができますので、お好みの色を探してみましょう。

好きな色のケースを持っていると、なんだかワクワクしてきますよ。

Low CでもLow E♭でも使える

先程もちらっと書きましたが、このシャイニーケースはLow Cが入るサイズです。
でも、Low E♭でも使えちゃうんです。

その秘密は、

この黒いブロック状のもの。

これは、裏面がマジックテープになっていて、好きな位置に設置することができます。

下管の上部がはまっている部分も、もちろん動かせるようになっていて、これによってLow Cのバスクラも、Low E♭のバスクラもピタッと収納することができます。

Low E♭のバスクラリネットの場合は、写真左下の部分にスペースができるので、付属のポーチに入れたマウスピースなども、一緒に入れられて便利です。

ただし、まれに上管が長いタイプのバスクラがあるそうで(ヤマハのプラ管など)、その場合は入らないこともあるとのことですので、必ずチェックしてから購入するようにしましょう。

保護シール・結束バンドつき

背負えるということは、そのためのベルトを取り付けられるのですが、ベルトの金具がケースに傷をつけてしまうので、

保護シールがついています。
こちら、スペア込みで6枚つき。

少し見えにくいですが、

このように貼って使います。

また、ベルトの金具の補強用として、結束バンドも4本もついています。

細やかなところにまで気配りされていて、些細なことですが、この2点は結構ポイントが高いです。

お手頃価格

バスクラリネット用シャイニーケースは、2019年9月時点で定価33,000円(税抜)。

決して3万円のものが安いとは思いませんが、バスクラリネットのケースとしては、かなりお手頃価格です。

今持っているケースに、何か気になる点や不満があるのであれば、踏み出しやすい価格ではないでしょうか。

ちなみに、私がいつも行っているザ・クラリネットショップだと、ケース類や小物を、2割引で購入することができます。

丈夫で雨にも強い

軽量グラスファイバー製ですので、丈夫な作りです。

だからといって、手荒に扱っていいわけではありませんが、通常の使用であれば、耐久性に問題はありません。

また、水も弾きますので、多少の雨なら大丈夫です。
ただ、完全防水ではありませんので、あまりにひどい雨の時は、ビニールなどで覆った方がいいでしょう。

気になる方はぜひお試しを

いかがでしたか?

バスクラリネット用シャイニーケース、少し興味が出てきたのではないでしょうか。

正直なところ、背中に当たる部分にクッション等が一切ないことと、ベルトの金具が背中や腰にかすかに当たるので、長時間背負って歩く、などには、あまり適さないかもしれません。

しかし、そこを差し引いても、いい買い物をしたと思っていますので、お近くに取り扱いの楽器屋さんがある方は、ぜひ実際触れて、試してみて下さいね。


次の講師ブログ »

関連タグで一気読み
Recommended Tags