何年か前に、ドイツのクラリネット工房を見学させてもらう機会がありました。

意外と目にするチャンスがない、楽器工房。
今回は、そのことについて綴ろうと思います。

ミュンヘン経由でバンベルクへ!

伺ったのは、バンベルクにあるシュヴェンク&セゲルケ。

ドイツには、物作りをするための資格「マイスター制度」というのがあります。
手工業で独立開業するためには、定められた期間修業し、この「マイスター」の資格を取る必要があるのです。(例外もあるそうですが)

そんなわけで、マイスターシュヴェンクと、マイスターセゲルケのこちらの工房を、見学させていただきます。

今まで、知人の修理工房は見せてもらったことがありましたが、楽器作りの場は初めてだったので、わくわく。

中の様子は…?

入ってみてびっくり。

楽器作りと聞くと、とても繊細な印象ですが(もちろん繊細な作業もありますが)、さながら工業製品を造る工場のようです。

見習いのお兄さんが、

埋もれています。

ほぼ物はなく、整然と工具のみが並んだ、日本の伝統工芸の工房のような風景を想像していたので、なんだか妙なテンションに。

ふと壁際に目をやれば、

管体がいっぱい。
一番上の段は、ベルになる部分ですね。

細かな機械も見せてもらおう

こちらは、

マウスピースを削る機械。

大まかに削って、細かい部分は手作業だと思われます。

楽器のベル(一番先の広がってる部分)を削っています。

これも、仕上げは手作業のはずです。

マウスピースもベルも、こんな風に削り出されているんですね。

見慣れない素材も!

通常、クラリネットの管体には、アフリカ原産のグラナディラという木が使われます。
(ちなみに、グラナディラは元々黒いわけではなく、少し茶色や紫がかった色で、あのクラリネットの黒は塗料の色です)

この工房では、もちろんグラナディラも使用していますが、

柘植(つげ)を使った楽器も作っています。
普段私達が使っている楽器よりも、かなり重量が軽いです。

マイスターセゲルケが、吹いて聴かせて下さいました。

管体の重さ同様、音色も軽やか~。
やっぱり、素材で音色は変わるんですね。

「マウスピース持ってきてないの?あれば吹かせてあげるのに」と言われました…
まさかそんな風に言ってもらえるとは思わず。
うっかりしてました…

人生二度目のご対面

そして

一番小さいクラリネット。
A♭(アス)管と言います。

大学時代に友人が吹いているのを見たことがあるだけで、人生二度目のご対面。

「わー!吹きたい、吹きたい!」と騒いでいたら、これは吹かせてもらえました!

私がいつも吹いているクラリネット(フランス管)とは指づかいが違うので(これはドイツ管)、指づかいを教えてもらいながら、低い音から高い音まで。
なんだかかわいらしい音がしました。

とても親切なマイスター

日本の楽器店にも楽器を卸しているからか、いきなり現れた私達にもとても親切にして下さいました。(もちろんアポは友人が取ってくれてましたが。)

また機会があったら、次回は必ずマウスピースを持って伺いたいと思います。

そしていつか、色んな長さの楽器を買えたらいいなー。

おまけ。
ドイツ在住の友人曰く、バンベルク一番の見所。

宙に浮いた建物。


次の講師ブログ »

関連タグで一気読み
Recommended Tags