先週、新しいリードに換えた生徒さん。
前回のレッスンでは、馴染んでいない感じがありありとしていましたが、今週は見違えるように良くなっていました。
やはり、開けたてと少し時間をおいたものでは、リードの状態がかなり変わりますね。

吹きやすさと、音の鳴り。
バランスがとても取れているリードのようなので、あと1・2枚いいリードを見つけて、ローテーションして、長持ちさせながら大切に使っていただきたいものです。

さて、今日も春の歌の続きです。
曲の中で、自分の得手不得手によってテンポが早くなったり遅くなったり…というのは、音楽をやる上で一番良くないと私は思っていますので、レッスンでは必ずメトロノームをかけて吹いてもらっています。

この生徒さんは、長くいらしている方なので、もちろんそれもご存知で、曲を吹き始める前にメトロノームをよく聞いて、テンポをしっかりつかんでからいざ曲をスタート!のはずが、今日はなんだか吹きにくそうな様子…
よく見ていると、ブレスのタイミングがいつもと違います。

ブレスは、テンポをつかむのにとても重要な役割があります。
フレーズの途中では難しいですが、曲の始め、曲中の長い休みのあとなどは、テンポに合わせて「1拍で吐く」「1拍で吸う」ことによって、自然とテンポに乗れるのです。
何も考えずに、速い曲なのにゆっくりブレスしたり、ゆったりした曲で素早く息を吸うことは、曲が始まる前につかんだテンポを崩してしまいます。

ロングトーンでも、余拍4拍の3拍目で息を吐き、4拍目で息を吸う、ということをしつこくお伝えしていますが、「1拍かけてたっぷり吸う」ことが大切なことであるのもさることながら、拍に合わせてブレスをすることで「テンポを把握する」意味合いもあるのです。

あまり意識されていないことですが、ブレスの時点で音や曲は始まっている、と言っても過言ではありません。
上手にブレスをして、曲の始めからテンポに乗れるようにしましょう。


次のレッスン日誌 »
« 前のレッスン日誌

関連タグで一気読み
Recommended Tags