アンサンブル直前のレッスンに、不安そうにいらっしゃった生徒さん。

すっかり弱気モードになっていました。

1人で吹いていただくと、音符の長さや速さがまちまちだったので、私も同じパートを一緒に吹くことにして、「もしずれちゃったら、頑張って私に合わせて下さいね」と伝えてから始めたのですが、やってみてびっくり。

八分音符のアウフタクトの長さが2箇所違っていた(四分音符になっていた)以外は、完璧でした。

一緒に吹いている人がいると、自信を持って吹ける。
これは、極めてアンサンブル向きだと言えます。

では、「ソロが得意」「アンサンブルや合奏に向いている」というのは、どこで差が出るのでしょうか。

個人レッスンでクラリネットを始めた人の特徴とは

最近特に感じるのですが、やはりクラリネットを手にした時の環境というのは、その人の演奏スタイルや心持ちを大きく変えます。

東京クラリネット教室に通っている生徒さんの多くは、習いに来て初めて楽器を手にされた方達です。

マンツーマンレッスンですので、楽器を始めた時から、基本的に1人で演奏しています。
もちろん講師の前で。

ですので、「人前で1人で吹く」というのは、ある意味日常。
発表会ともなれば、緊張もされますが、レッスンで積み重ねてきたことの集大成ということで、そこまで身構えずに挑むことができます。

逆に、アンサンブルや合奏で「人と合わせる」となると、「迷惑をかけたらどうしよう…」「合わせるなんて大変!」と、ソロの時とは別人のようになってしまいがちです。

では、部活で楽器を始めた人は?

一方、学校の部活でクラリネットを始めた人は、多くの人と一緒に楽器を吹くのが当たり前の環境にいます。

パート練習、セクション練習、合奏…

部活中であれば、個人練習の時間ですら、周りでいろんな楽器が鳴っている中、吹いていますよね。

こちらの人にとっては、合わせるのが日常。
「そこ、1人で吹いてみて」なんて言われたら、「えーっ!」となることが多いはずです。

当然と言えば当然なのですが、ソロで楽器を始めた人と部活で始めた人は、真逆の感覚を知らず知らずのうちに身につけているのです。

両方の『いいとこ取り』をしよう

これは、どちらがいいとか悪いとかの話ではありません。

「慣れ」により身についたものなので、慣れていない方を習得すれば、ソロ演奏も合奏も、どちらも得意な人になれます。

クラリネットをより楽しむためにも、苦手にあえて挑み、どのような環境でも、自分の一番良い演奏ができるようにしていきましょう。

次回のクラリネットアンサンブル(未経験者向け)

2019年10月28日(月)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(未経験者向け)

12月の発表会の曲がいよいよ決定しました。
『菩提樹』『白鳥の湖より~情景』を、正確に、音楽的に仕上げていきましょう。
譜面自体はそこまで難しくないので、アンサンブルに自信がない方も、ぜひご参加下さい。

クラリネットアンサンブル(未経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り2名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のレッスン日誌 »
« 前のレッスン日誌

関連タグで一気読み
Recommended Tags