ソルフェージュとは、音楽の基礎全般を学ぶことを言います。
楽譜を見ながら歌えたり
聴いた音を楽譜に書けたり
リズム感、テンポ感の体得ができたり
音を扱う為の基礎が学べます。

絶対音感や相対音感も、このソルフェージュで体得できるものです。
ソルフェージュでどんなことを身につけられるのか、音楽を学ぶ初心者の方に紹介していきます。

音符や休符の理解

楽譜を正しく読むためには、楽譜にある音符を正しく読めるようになる必要があります。
これは、文章を読むために、文字をまず勉強することと全く同じです。

最初は「あ」「い」「う」と、バラバラに読んでいた文字をいつしか意味を持った文章として捉えることができるように、「この音符の長さは…」と考えていたものも、すらすらと読むことができるようになるのです。

「楽譜が読めない」という人に共通して見られるのが「読めるわけがない」という思い込みです。
『楽譜』というと、ついつい複雑な、いかにも楽譜らしい楽譜、を想像してしまうようです。
音符・休符はただの記号です、種類と役割を理解し、覚えやすいものから少しずつ頭に入れていけば、必ず楽譜は読めるようになります。

ソルフェージュで正しい関係性を学べば、難しいと思っていた楽譜にもきっと親しみが湧いてきますよ!

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? 今回はなぜ楽譜が読めないのか、そしてどうやったら読めるようになるのかを紹介します。 本当に読めるようになるの? 結論から言うと楽譜は確実に読めるよ…

音符・休符にはいくつかの種類がありますが、それぞれが無関係なわけではありません。
音符、休符、そしてさまざまな記号といった基礎知識を覚えると、楽譜は必ず読めるようになります。

突然楽譜が読めたり、突然楽器を演奏できるわけではありません。

音楽学習の道は、こうした基礎を積み重ねながら、次の段階へ進んでいきます。
文字を勉強した時と同じですね。

コツコツ学んで、しっかり身につけていきましょう。

楽譜を書くことの重要性について


次の講師ブログ »

関連タグで一気読み
Recommended Tags