クラリネットを吹く上で、顔の角度というのは、音色の良し悪しや、リードミスの有無などに繋がるとても大切なポイントです。

東京クラリネット教室の生徒さんには、学生の頃に吹奏楽部に属していた方や、現役の吹奏楽部員が多くいます。 また、学校に出向いて、外部講師として吹奏楽部のクラリネットパートのレッスンをすることもあるのですが、かなりの割合で、吹奏楽をやっている(やっていた)方に見られる、共通のくせというものがあります。 「くせ」と言うからには、あまりいいことではありません。 今回は、どのようなくせなのか、また、その影響について見ていきましょう。 吹奏楽で演奏しているからこそのくせ 吹奏楽のク…

レッスンをしていて、特に個人でクラリネットを始められた生徒さんに、しばしば見られる顔の角度の傾向について、今回はお話していきます。

「顔を下げない」を気にしすぎると

クラリネットは、音を外すと「ピーッ」と、鋭い音がしますね。

これは、口と息のバランスが崩れていることが原因になっている場合が、多くあります。

音の吹き始めに「ピッ」と鋭い音が鳴ったり、一生懸命吹いているフレーズの途中で「キャッ」と鳴ってしまったり。 クラリネットは、音を外してしまった時に「あぁ、やっちゃった…」と悲しくなるくらいの音が鳴る楽器です。 東京クラリネット教室に通われている生徒さんにも「リードミスが多い」「練習なら平気なのに、本番でピーピー言う」などの悩みを抱えていらっしゃる方が、多くいます。 今日は、その原因と対策についてのお話です。 リードミスの原因は口と息のバランス いわゆる「リードミス」には…

「口が締まりすぎ」「口が緩すぎ」だと、リードミスになりやすいのですが、その一因となるのが顔の角度です。

部活などではなく、個人でクラリネットを始められた生徒さんは、少しあごを上げた状態で吹かれていることが、多いように感じます。

これは、「下を向かないで下さいね」と、レッスンの時にお話しているからだと思うのですが、「顔を下げない」を意識しすぎると、どうやらあごが上がってしまうようなのです。

あごが上がると、リードにかかる圧力は増しますので、口が締まっている時と同じ状態になり、リードミスの原因になってしまいます。

そしてこの時、実は厄介なことが起こっているのです。

視線ではなくあごの位置を気にしよう

こちらの2枚の写真、ほんの少しなのですが、違いがあります。

右が正しい顔の角度。
それに対して、左はわずかにあごが上がっています。

この「わずか」が、クラリネット演奏時には、リードミスに繋がったり、うまく息が入らず良い音で吹けないなど、大きな差となって表れてしまうのですが、意外に自分では気づけないのです。

これが厄介な点。

なぜ気づけないのかと言うと、人は視線がどこにあるかで、自身の顔の角度を測っているところがあるので、目はまっすぐ正面を見ていると、顔もまっすぐな気になってしまう、というわけです。

そして、視線を落として楽譜を見ている時は、「これだけ視線を落としているということは、顔はまっすぐなんだわ」と判断してしまいます。

実際に、部活に教えに行って、顔を下に向けて楽器を吹いている子に「顔を上げて」と伝えたところ、視線だけを上げた、ということがありました。

また、この写真の生徒さんも「あごを上げている意識はなかった」とおっしゃっています。

楽器を吹く時にはあごの位置・顔の角度に気を回すようにしましょう。

自分に合ったツボを見つけるために

クラリネットは、簡単に音が出せるような気がするのですが、実はアンブシュアのツボというのが、とても狭く浅い楽器です。

くわえ方自体ももちろん大切ですし、今回お話したように、顔の角度というのも重要になってきます。

「なんだか息が入りにくい」
「良い音が鳴らせない」
「リードミスが多い」

という時には、自身の顔の角度も見直してみましょう。

ごくわずかな違いが、解決の糸口になることもありますよ。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags