部活で、レッスンで、しばしば聞く『腹式呼吸』。

クラリネットを始めとして、管楽器を吹くには不可欠なことですが、正しく理解していますか?

意外と、誤った認識が広まっているように感じるので、今回はわかっていそうでわかっていない『腹式呼吸』をしっかり理解していきましょう。

そもそも腹式呼吸って?

まずは言葉の意味としての『腹式呼吸』。

空気を吸い込むと、肺に入るのはもちろんですが、その際、肺の下にある横隔膜を上げ下げしているかで、呼吸の仕方は「胸式」と「腹式」に分かれます。

「胸式」ですと、横隔膜を動かすことはしないので、肺の伸縮に合わせて、胸が上下します。
通常、女性はこの呼吸法だと言われています。

一方「腹式」は、横隔膜を上下させるので、お腹が膨らんだりへこんだりします。
男性は、こちらの呼吸法です。

また、体を横たえている時(睡眠時など)は、全員腹式になります。

ちなみに、四足歩行でも腹式呼吸になりますので、犬や猫、その他動物も、腹式呼吸をしているそうです。

腹式呼吸が必要なワケ

そして、クラリネットを吹く時は、前述のように腹式呼吸を使います。

なぜ胸式呼吸ではいけないのでしょうか。

胸で吸ってしまうと、

  • あまり量を吸い込むことができない
  • 息が浅いため、体の重心が上に上がる
  • 少ない息をやりくりするために、体や喉に力が入りやすい

など、楽器を吹くのには適さない体の状態になってしまいやすいのです。

ですので、深くたっぷり吸えて、体に余計な力が入らない、腹式呼吸で楽器を吹くと良いわけです。

お腹の使い方

部活などでクラリネットを吹いている時に、
「お腹で支えて!」
「お腹に力を入れて!」
と言われたことはありませんか?

これ、似てるようで、実は全然違います。
そして、残念ながら、片方は間違いなんです。

楽器を吹くとなると、体をどのように使っていいか、どのように息を出せばいいか、ついつい見失ってしまいがちですが、そんな時は歌を歌う時のことを思い出してみましょう。

お腹で支える

大きく、響く声で歌おうとしたら、たっぷり息を吸ってから、声を出しますね。

その時に、お腹はどうなっていますか。

息を吸って膨らんだお腹は、声を出すと同時にベコッとへこんだりしないはずです。
極端な話、次に息を吸う時までほぼ動かないのではないでしょうか。

これが「お腹で支える」です。

お腹に力を入れる

では、息をたくさん吸ってから、お腹に力を入れて、声を出してみましょう。

どうですか?
普段のように良い声が出ましたか?

普通に話すにしても、体に力を入れてしまうと、自然な息の流れが妨げられ、声に影響があるはずです。

したがって、「お腹に力を入れて!」は、不正解となります。

正しく理解して楽に楽器を吹こう

残念ながら、「お腹を使って吹く」を、誤って解釈している方は、数多くいます。

私も、「腹筋を鍛えるため」という名目で、座奏の時に、足を前に伸ばし、床から上げながら練習をしたこともありました。

本来足に落とすはずの重心を持ち上げているわけですから、上半身には相当の力が入っていたことと思います。

クラリネット演奏で求められる腹式呼吸の大きな目的の一つに、無理なく体に空気を入れ、無理なく楽器に吹き入れるということが挙げられます。

常にそれを念頭に、お腹の使い方を練習するようにしましょう。


次の講師ブログ »
« 前の講師ブログ

関連タグで一気読み
Recommended Tags