クラリネットを吹くにあたり、まず大切なことは「正しく楽器を組み立てること」「正しくリードをつけること」です。

以前、クラリネットの正しい組み立て方については、こちらのブログに書きました。

クラリネットの組み立て方、しっかり理解していますか? クラリネットは楽器の構造上、間違った組み立て方をしてしまうと、大切な楽器を壊してしまうこともあります。 今回は『クラリネットの組み立て』について、順を追って確認していきます。 すっかり慣れてしまっているプレイヤーの方も、初心に戻って基礎を見直してみると、意外と「ついうっかり…」が見つかるかもしれませんよ。 クラリネットを組み立てる前に まずは各ジョイント部分(楽器のつなぎ目)のコルクを確認しましょう。 練習に夢中で気が…

今回は、わかっていそうで、意外とわかっていない『クラリネットリードの正しいつけ方』について、確認していきましょう。

リードをつける時に気にするのは4点

リードをマウスピースに固定するには、リガチャーという器具を使いますので、リードを正しくつけるにはリードとリガチャーの2点で、それぞれ気をつけることがあります。

  • リードの高さ
  • リードが曲がっていないか
  • リガチャーの高さ
  • リガチャーが曲がっていないか

要は、それぞれの「高さ」と「曲がっていないか」が、カギとなります。

リガチャーは、金属だったり革だったり、いろいろな素材・いろいろな形のものがありますが、気をつけるべき点は同じです。
前後がない、すぽっとかぶせる形のものを使っていたりする場合は、最後の項目「リガチャーが曲がっていないか」は、当てはまりませんので、気にしなくて大丈夫です。

では、順を追って見ていきましょう。

リードの高さ

この『リードの高さ』については、知っている方が多いのではないでしょうか。
部活で聞いても、これに関しては答えられる人が多いです。

そう。
「マウスピースが髪の毛1本分見える高さ」です。

「髪の毛って言ったって、太さは様々じゃん」と言いたい気持ちは、ここでは封印して下さいね。

言い換えるならば「ほんの一筋だけ、マウスピースが見える高さ」でしょうか。
このくらいの高さです。

都度確認する必要はありませんが、マウスピース側から見た時に、同じ幅でリードが少しだけ見える位置が、理想的な高さです。

高さを合わせる時には、必ず目の高さでリードをつけるようにしましょう。
下から見上げるようにしたり、上から見下ろしながらつけると、かなり大きくずれてしまいます。

リードが曲がっていないか

先程高さを合わせた時に、もちろんリードがまっすぐつくように気をつけているかと思いますが、リードが曲がっていないかの確認は、実は先端部分ではわかりにくくなっています。

では、どこで確認するのかと言うと、

この部分で見ます。

マウスピースの、リードが当たる部分は平らになっています。
メーカーによって多少幅は異なりますが、リードよりも幅が狭いものがほとんどです。

この平らな部分から、リードが左右均等にはみ出していれば、リードはまっすぐついている、ということになります。

リードの高さを合わせる時に、きちんとまっすぐなように見えても、実はこの部分を見るとどちらかに大きくはみ出している、といったこともありますので、必ずチェックするようにしましょう。

リガチャーの高さ

では次に、リガチャーの高さについてです。

これもまた、メーカーによって違うのですが、大体のマウスピースには、このように2本線が入っています。

この2本線を高さの目安にします。

今回の説明で使用しているリガチャーの場合は、2本線の真ん中あたりにリガチャーの下の部分が来るようにしましょう。

このような感じですね。
下の線の少し上、くらいの感覚で大丈夫です。

ただ、このリガチャーの高さに関しては、リガチャーの種類によって変わってきます。

極端に上につけたり、下につけたりすることは、基本的にはありませんが、2本線の上の線にリガチャーの下の部分を合わせるもの、下の線に合わせるものなど様々ありますので、購入の際に店員さんに相談したり、部活に専門のコーチがいらっしゃる場合などは、ぜひ教えていただきましょう。

ちょっとした高さの違いでも、リードの響き方には違いが生まれます。

リガチャーが曲がっていないか

最後に、リガチャーが曲がっていないかを確認するポイントです。

順締め(自分の側にネジがついているもの)の場合は、

この赤丸内のリガチャーのすきまが、リードの中心部に来ているかをチェックします。

ほんの少しでもずれてしまうと、リガチャーの圧が均等にかからなくなってしまいますので、くれぐれも気をつけましょう。

また、逆締め(マウスピースの向こう側にネジがついているもの)のリガチャーは、リードに当たる部分が、リードに対して左右均等になるようにつけることが大切です。

リガチャーの順締め・逆締めの見分け方

余談になりますが、部活に教えに行った時など、たまにリガチャーの順締め・逆締めを、逆につけている人を見かけることがあります。

「どっちなのかわからないよー」という時は、『リガチャーは、ネジを右手で締めるようにできている』ということを思い出して下さい。
ですので、左側にネジが来てしまっている時は、逆にはめてしまっている、ということです。

左利きの方には、ちょっと不便かもしれませんが、少しずつ慣れていって下さいね。

0.0何ミリの世界が吹きやすさを変える!

些細なことに思えるかもしれませんが、リードはほんの少し高さが違ったり、ほんの少し曲がっているだけでも、本来のパフォーマンスを発揮することができません。

リードを正しくつけて、リード・リガチャー・マウスピース・楽器、全ての持てる力を最大限引き出しましょう。


次の講師ブログ »

関連タグで一気読み
Recommended Tags