前回は、クラリネットのリードをつける際に、注意すべきことをお伝えしました。

クラリネットを吹くにあたり、まず大切なことは「正しく楽器を組み立てること」「正しくリードをつけること」です。 以前、クラリネットの正しい組み立て方については、こちらのブログに書きました。 クラリネットの正しい組み立て方 今回は、わかっていそうで、意外とわかっていない『クラリネットリードの正しいつけ方』について、確認していきましょう。 リードをつける時に気にするのは4点 リードをマウスピースに固定するには、リガチャーという器具を使いますので、リードを正しくつけるにはリードとリ…

今回は、「注意点はわかってるけど、リードが思い通りにならないっ!」とお悩み中の方々のために、リードをつける際の手順の一例をご説明します。

リードケースからのリードの出し入れ

つけ方をご説明する前に、まず一点。

リードは、欠けてしまうと使えなくなってしまいますが、欠けさせてしまう原因の上位に入るのが、リードケースからの出し入れ。

リードを買った時に入っている、個別のケースのままリードを持ち歩いている人は、特に注意が必要です。

真ん中と左のタイプのケースは、多くの方が持っているのではないでしょうか。

このケースは、リードを横にスライドして出しますが、その際必ずリードの薄い部分(先端部分)が外にある時間を長くします。

ですので、リードをケースから出す時は上から出し、入れる時は下から入れます。

誤って逆にしてしまうと、先端部分がケースの内部にぐちゃっとぶつかってしまうことになりますので、注意しましょう。

また、一番右のタイプのケースの場合、ただ抜き差しするだけですが、このタイプですとリードケースにリードを引っかけてしまいやすいので、丁寧な出し入れが必要です。

では、リードのつけ方を、一般的な順締めのリガチャーを使って、順を追ってご説明します。

リードの高さを合わせる

リガチャーをマウスピースにセットし、リードをスライドさせて、リガチャーとマウスピースの間に差し込みます。

その時は、

この写真のように、左手でリガチャーを少し上に上げると、差し込みやすくなります。

また、まっすぐ上から差し込むのではなく、少し斜め方向から入れると、入れやすいですよ。

そのままスライドさせながら、高さを合わせていきますが、

先端部分には触らないようにしましょう。
親指の腹を、リードの表面に当てて滑らせると、やりやすいと思います。

先端を人差し指で押した方が楽に思えますが、力のかけ方を誤ると、割れてしまいます。

高さが合ったら、

右手でぐっとマウスピースとリードを挟み込んで、リードが動かないように固定します。

リードがまっすぐか確認

次に、リードが曲がっていないかチェックします。

もし、マウスピースの平らな部分からはみ出しているリードが均等でない時は、

このように、左手親指の爪を使うと、大きくずれたりせずに、微調整が可能です。

この時も、まだ右手親指は力を入れたままにしておきます。

リガチャーをまっすぐ下ろそう

リードがまっすぐになったら、リガチャーを下ろしますが、何も考えずに下ろすのではなく、リガチャーの中心がリードに対してずれていないか、注意しながら下ろしましょう。

右手親指の力はそのままです。

リガチャーを、ちょうどよい高さまで下げたら、今度は

左手の親指でリガチャーをぐっと下げるように力をかけます。
(逆締めの場合は、左手全体で)

リガチャーのネジをゆるめすぎていると、ここで力をかけた時に、狙っていた位置よりリガチャーが下がってしまいますので、注意が必要です。

リガチャーを左手で固定したら、右手は離して大丈夫です。

リガチャーのネジを締める

ここまで来たら、あと一息です。

左手の力はゆるめず、ネジを締めていきます。

ここで、左手の力を抜くと、ネジを締めるのと共に、リガチャーがずり上がっていくこともありますので、下方向に力をかけることを忘れないようにして下さい。

ネジを締める際、


2つネジがあるリガチャーに関しては、必ず上のネジから締めましょう。

なぜならば、上のネジはリードのほぼ真ん中に位置し、真ん中を固定すれば、リードが左右に曲がってしまうことが避けられるからです。

逆に、下から締めてしまうと、リードの上部がフリーになるので、せっかくまっすぐに合わせたのに、傾いてしまうことがないとは言えませんので、上のネジから締めて下さい。

上のネジを締めたら、左手は離していいですよ。

ネジはどこまで締める?

さて、一番気を抜きがちで、でもかなり重要な「リガチャーのネジを締める強さ」。

くるくるとネジを回していて、少し抵抗が変わったな、というところで、止めてしまって大丈夫です。
多少ゆるく感じても、リードがずれなければ構いません。

たまにぎゅーぎゅーとネジを締めている人を見かけますが(私も昔そうでした)、リードは人間で言うところの声帯です。

声帯は喉の筋肉で、すき間に空気を通して振動させ、声を出すわけですが、喉元をぐっと押さえられてしまっては、うまく声が出ませんね。

同じくリードも、リガチャーをきつく締めてしまうと、ちゃんと震えることができません。

リードにこのような線が入っている人は、締めすぎです。

リガチャーを締める強さに気をつけながら、下のネジも締めれば、

リードつけは完了です。

左右どちらかの親指で固定していく

今回お伝えしたリードのつけ方のポイントは、必ず、左右どちらかの手に力を入れて、リードもしくはリガチャーを固定することです。

リードの高さ等を合わせたら右手親指に力、リガチャーを合わせたら左手親指、というふうに、左右の手で交互に固定することで、すんなりとリードがつけられますし、合わせたあとのズレも防止できます。

もう1つのつけ方

今までの経験上、ここでお話したつけ方ではなく、「まずリードをマウスピースに合わせて、上からリガチャーをかぶせる」という方も、いらっしゃるかと思います。

実際、その方がリードが扱いやすく、楽だとは思うのですが、リガチャーを下ろす時に、リードに引っかけてしまうリスクがありますので、特にクラリネットを始めたばかりの方にはお勧めしていませんし、私も怖くてやっていません。

リードを割らないように充分気をつけられれば、もう1つの手順として、有効だと思います。

ポイントを押さえて正確につけよう

最も大切なのは、正しくリードとリガチャーをつけることです。

この記事を参考に、自分に合ったやり方を見つけ、手早く正確につけられるようになりましょう。


次の講師ブログ »

関連タグで一気読み
Recommended Tags