「クラリネットの出し入れ、面倒だなぁ…」なんて思ったことはないですか。

正直なところ、私はあります。

実はクラリネット、吹奏楽やオーケストラなどで吹かれている楽器の中で、一番パーツをばらした状態でケースに収納する楽器です。

さらに、リードの付け外しもあるし、なかなか手間ですよね。

楽器の構造上、どうしようもないことだよな、と受け入れていましたが、先日レッスンにいらした生徒さんが、とてもユニークなケースを持っていらっしゃいました。

「あればいいなー」と想像していたものが、商品化されていたのです。

ストレートタイプのクラリネットケース

まるで、コントラバスの弓ケースのような、このケース。
これが、クラリネットケースなんです。

ご想像通り

楽器を全て繋げた状態で、ケースに入れることができます。

なんて画期的!
ありそうでなかったケースですね。

ストレートケースのメリット

では具体的に、このケースの良い点を見ていきましょう。

素早く準備ができる

このケースの一番のメリットは、組み立てられた状態で持ち運べるので、さっと準備ができる、という点でしょう。

今回、こちらのケースを使われている生徒さんは、「リガチャーとキャップをはめた状態では、長さ的に入らなさそう」という理由で、マウスピースは外した状態でしまわれていましたが、

このような、マウスピースの先だけカバーするタイプのキャップであれば、充分に入りそうです。

そうなると、しまう時用のリードを外し、演奏用のリードと付け替えるだけで、もう準備完了。
誰より早く、クラリネットを準備できますね。

かなり軽量

また、ケース本体もとても軽量です。

形が違うので、あくまで体感でしかありませんが、クランポンの軽量ケースにも匹敵する軽さ。
そして、細長いので

場所を取らずに、持ち運ぶことができます。
(ただ、電車などで座ると、少し持ちにくいかもしれません)

クラリネットのケースは地味に重いものが多いので、軽いというのはとてもありがたいですね。

ストレートケースのデメリット

一方、もちろんマイナス点もあります。
そちらもきちんと知っておきましょう。

しまう前にはばらす必要がある

楽器を吹いたあとには、ジョイント部分の水分も取る必要があります。

ということは「ばらす→掃除をしてから、再度組み立てる→ケースにしまう」という手順が発生します。

結局は、「楽器を出す時に組み立てるか」「しまう時点で組み立てておくか」という違いでしかない、ということになりますね。

強度にやや不安

クラリネットの形に合わせて、やや丸く作ってあるケースですので、普通の四角いケースに比べると、キーの側(背負った時に外に来る部分)の強度が、弱いように見えます。

満員電車などで、「ギューッ」と力がかかると、ケース自体が潰れて、キーに影響があることも考えられますので、そのような状況は避けた方が良さそうです。

キーに干渉している可能性がある

クラリネットのケースは、キーの形に合わせて、ピタッとはまるように作られているものが多いのですが、このケースに関しては、大まかな作りになっているので、キーに干渉している(キーに部分的に当たっている)可能性があります。

また、走ったりした時に、ゴトゴトと少し遊んでしまいそうな感じもしますので、そのような運び方もやめておきましょう。

保管用ではなく持ち運び用

先述の通り、とても画期的な商品だと思いますが、ずっとこのケースに入れておく、と言うよりは、状況に合わせて使い分けるべきケースだと思います。

  • ウォーミングアップの時間を、少しでも多く取りたい(片づけの時間は多めにある)
  • なるべくスマートに持ち運びたい
  • 混雑したところには行かない

というような時には、かなり良さそうですので、興味のある方はぜひ使ってみて下さいね。


次の講師ブログ »

関連タグで一気読み
Recommended Tags