今日は、コンクールを控えた中学校の吹奏楽部に行ってきました。
先月も伺った、創部3年目の部です。

顧問の先生は、コンクールに出るつもりはなかったそうですが、生徒達の強い希望で、出場を決めたとのこと。
小編成ながら、気合いが入っています。

今回は、創部と同時に入部した3年生のレッスン。
彼女は、部員が全部で4人しかいない時からやっていることもあって、責任感が強く、やや頑張りすぎな傾向が。

管楽器は特に、体に力が入ると息がスムーズに出なくなるため、頑張ったからといって大きな音が出るわけでもないし、音も響かず汚くなりやすいので、どうにか楽に吹かせたい…というのが、顧問の先生のご希望でした。

本人は、やはりどこかで、同じメロディ楽器でもあるトランペットと、「張り合って吹かなければいけない」と思っていたようで、張り合ってもいいことはないということと、余裕を持って吹いた方が、音は飛ぶということを、実際に吹き分けて聴いてもらいました。

耳で違いを感じることができたので、その後はまるで別人のように、のびのびとした音色で吹けるようになり、合奏でもうまく溶け込み、大事なところはきちんと目立つ演奏ができるようになりました。

あとは、メロディを吹く時に後押しをする癖があるので、それをすっきり吹くようにできれば、さらに良くなると思います。

意識はとても高い子なので、目標に向かって頑張ってもらいたいものです。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags