いつもの女子校へ、3週間ぶりの部活指導に行ってきました。
今月末には合宿があり、合宿前最後のレッスンです。

今日は、合宿には参加できない中学1年生も吹く、中学生のみで演奏する曲(この学校では、『中学合奏』と呼ばれています)を見ました。

短めの曲で、同じことを吹いてる部分もあったりするので、あっさり終わるかと思いきや、いつもの通りまずチューニングが合いません。

チューニングが合わない原因

3年生はさすが上級生、でしっかりと吹けていますが、1年生がまっすぐ伸ばせないのが、合わない一番の理由。
まだ楽器を始めて3ヶ月ほどなので仕方ないのですが、力を入れて吹いているため、音が揺れてしまうのです。

  • 口に力が入る
  • 指に力が入る
  • 体に力が入る

いずれか一つでも、当然音に支障が出ますし、体はつながっていますので、どこかに力が入れば、他の部分にも影響があります。
さらに、「力を入れないようにしよう」と意識すると、体が緊張状態になり、ますます力んでしまう、という悪循環…。

体を緊張状態から開放する方法

そういう時は、一度楽器を置いて、腕をプラプラ振ってみたり、肩の力を思い切り入れてから、フッと抜いてみたりしてみてください。

そして、頑張って吹かないこと
大きな音を出したり、まっすぐ吹くことは、たっぷり息を吸い、それを無駄なく楽器に吹き込むことで実現します。
「大きく吹こう」「まっすぐ吹こう」と思ってしまうと、ついつい頑張って息を入れようとしてしまうので、先程も書いた「体の緊張状態」を招いてしまいます。
だらっとするわけではありませんが、楽に吹くこと・頑張らないことを目指しましょう。

普段の練習から気にしよう

普段のロングトーンから気にしていないと、チューニングだからと言って急にまっすぐ吹くことはできません。
慣れてきて、指を覚え、音を出すことも難しくなくなってきた今だからこそ、ただ吹いていたロングトーンを、より意味のあるものにして、合奏に生かしいきましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags