4月から高校に進学し、なかなか強い吹奏楽部に入る予定の中学3年生。
今のうちに、基礎の再確認です。

今日は、ロングトーンの出だしを直しました。

よくある「出だしの悩み」

「音の立ち上がりが、なんだか汚ない」「チューニングの時に、最初だけ高くなってしまう」などの原因の1つは、出だしに強く舌を突いていることです。

クラリネットの場合、音を出す瞬間にタンギングはしません。

…と言うと、誤解を生んでしまいそうで怖いのですが、ここで言うタンギングは、「離れていた舌を、吹く瞬間にリードに当てること」です。

だからと言って、取り立てて何もせずに息を「ふーっ」と吹き込むだけでは、どうしても出だしがぼんやりしてしまいます。

出だしだけが強くなったりせず、しかし、きちんと音を立ち上げるには、どうすればいいのでしょうか。

タンギングの意味、勘違いしていませんか?

タンギングは「舌をつけること」だと思っている人が多いかと思いますが、音が鳴っていて振動しているリードに舌をつけて、一旦振動を止め、それを離して再び振動させ「音を立ち上げること」がタンギングです。

音を出す前は、当然リードは振動していません。
振動していないのであれば、始めから舌をつけておいて大丈夫です。
そして、息を入れる瞬間に舌をリードから離せば、音はきちんと立ち上がります。

出だしは振動を止める必要がなく、リードを振動させるだけなので、わざわざ「離れていた舌を、吹く瞬間にリードに当てること」が必要ないのです。

出だしから吹き終わりまでまっすぐな音を目指して

文章だと簡単に思えますが、意外にこの吹き方は難しいので、練習が必要です。

メトロノームはかけずに、ゆっくりと繰り返してみましょう。
口の中ですから、鏡で確認するのは無理なので、感覚が頼りです。

舌の位置・息の強さなどに気を配り、まっすぐな音が出せるように頑張ってみて下さい。
チューニングの悩みも解決しますよ。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags