昨年11月に行われた、吹奏楽の聖地・普門館の閉館イベントでは、来場者による大合奏が何度も起きたという、超有名曲『宝島』。

実際に吹いたことがある人も、まだ吹いたことがない人も「かっこいいから好き!」という方が多いのではないでしょうか。

東京クラリネット教室の合奏経験者向けアンサンブルも、第3回発表会で『宝島』を演奏しました。

今回は、そんな『宝島』が、もっともっとかっこよくなるコツを、B♭クラリネット目線でお話していきましょう。

派手に吹こう!

『宝島』は、全編通して、元気よくにぎやかな曲です。
サックスソロでは、みんなが伴奏に回りますが、常にワクワク感が感じられる演奏を目指しましょう。

まずこの曲は、ノリノリのパーカッションのソリで幕を開けます。
それを受けて、管楽器が登場するわけですが、元気いっぱいに、とにかく派手に吹きましょう。

また、サビの部分では、クラリネットはオブリガード(対旋律)を吹いています。

メロディーをかき消すくらいの気持ちで(あくまで気持ちだけですよ!)のびのびと吹くと、かっこいいメロディーとの相乗効果で、盛り上がること間違いなし!です。

シンコペーションはかっちりと

そして、この『宝島』には、シンコペーションが多用されています。
そのリズムをはっきり・くっきり出すのがポイントです。

普段、吹奏楽のオリジナル曲などでは、シンコペーションが出てきた場合、最初と最後の短い音を短く、真ん中の長い音をしっかり長く吹くことで、拍に対してのイレギュラー感を強調します。

「タッタータッ」という吹き方ですね。

しかし『宝島』のような曲では、その吹き方は当てはまりません。
「タタッッタ」という吹き方にすることで、リズムがはっきりして、躍動感が生まれます。

この吹き方がとても重要。

それも含めて、シンコペーション演奏の際は

  • 拍のあたまはしっかりはめる(縦の線を意識!)
  • タイや八分音符が必要以上に長くならないようにする(むしろ短め)
  • タンギングをしっかりする

という点に気をつけて吹くと、一気にかちっとした、締まりのある演奏になります。

拍にはまる音はしっかり押さえよう

また、二分音符や四分音符、八分音符など、拍にはまる音符(拍のあたまに合う音符)は、絶対に流れないようにしましょう。

赤で囲われている音が、それに当たります。

特に、八分音符が2つ並んでいる部分は、「タン・タン」と少し重めに吹くことで、周りのシンコペーションとの対比となり、それぞれのリズムが際立ちます。

難しいリズムが続くと、ついつい拍を押さえることを忘れがちですが、縦の線が揃うと、リズムが見えるだけでなく、合奏のクオリティーが上がります。

拍のあたまにはまる音には、細心の注意を払いましょう。

吹奏楽でもアンサンブルでも注意点は同じ

今回、東京クラリネット教室合奏経験者向けアンサンブルでは、クラリネット七重奏用に編曲された楽譜を使用しました。

この楽譜は、吹奏楽でよく使われる「ニューサウンズインブラス」から出ている『宝島』と同じ調・同じ長さで書かれていて、「もしクラリネットの人数が足りなくても、他の楽器と一緒に演奏できます!」という優れもの。

「吹奏楽でやりたいけど、なかなか機会がなくて…」という方も、小編成で演奏することができます。
気になる方は、楽譜を探してみて下さい。

また、ここでお話したことは、吹奏楽でもアンサンブルでも活かせますので、ぜひかっこよく『宝島』を吹き上げて下さいね!


次の講師ブログ »

関連タグで一気読み
Recommended Tags