朝晩すっかり冷え込み、本格的な冬になってきました。
寒くて縮こまってしまいますが、空気が澄んでいるので、街がキラキラしてきれいですね。

この季節は、楽器が冷えていたり、温まりにくくなっていて水が溜まりやすいので、こまめな掃除を心がけましょう。

さて、近頃のレッスンでは、初見や譜読みの練習にクリスマス曲を取り入れています。

生徒の皆さんの反応も上々!
季節に合った曲を演奏するのは、やっぱり楽しいですよね。

「初見は好きじゃない…」
「基礎ばかりやっててもおもしろくないな」

そんな方には、ぜひ季節の曲の練習をお勧めします。

では、季節の曲をやるメリットってなんでしょう?

知っている曲で「音楽的な演奏」を手に入れる

季節の曲をお勧めする一番の理由は、やはりその「季節感」にあります。

今で言えば、先程も書いたようにクリスマス。

夏にクリスマスの曲をやるのも悪くはないですが、音楽には空気感が存在しますので、その曲の季節に演奏するのがベストです。

街の雰囲気を想像しながら・自分なりのクリスマスを思い浮かべながら…などなど、音楽的な演奏のために不可欠な「イメージ」も、実際の季節の方が持ちやすいですよね。

イメージを持った演奏は、吹いていても聴いていても楽しい演奏。

「音楽的に吹くってよく聴くけど、どうしたらいいかわからない…」という方は、まずは簡単な季節の曲から始めてみてはいかがですか。
自分が思うように吹く、ということを、掴みやすいですよ。

歌うように吹いてみよう

このような練習は、別にクリスマス曲だけに限りません。
日本には季節を歌った童謡もたくさんあります。

童謡は、子供達が歌いやすいように作られているので、音域も極端に広くないですし、リズムも単純明快。
クラリネット初心者さんにも、とっつきやすいのではないかと思います。

今は「もういくつ寝ると~」で始まる『お正月』を演奏されている生徒さんもいらっしゃいます。

その曲を演奏されているお姿は、とっても楽しそうで、見ているこちらもほっこり。
大人の方には、特にお勧めです!

童心に帰って頭の中で歌いながら吹けば、それがクラリネットの演奏にも表れてきますよ。

選曲は、もちろん季節感を大切にすると、より楽しいですね。

知っている曲でリズムをマスターしよう

また、なんとなくだとしても、知っている曲を吹くことは、読譜力の向上に繋がります。

耳だけに頼って演奏することは、絶対に良くありませんが、耳で知っている曲を、楽譜を見て演奏することは、良い練習になります。

例えば、普段だったらぱっと読めないリズムも、知っている曲の楽譜として見ると、「あ!こんな風に書くのか」という発見に繋がります。

何度もお話してきていますがリズムは慣れです。

このような形で場数を踏めば、どんなリズムも自然に、自分のものになっていきます。

とっさにわからないリズムに遭遇した時に、「このリズムどこかで見たかも…」と思えれば、それは良い傾向。

知っている季節の曲で、苦手なリズムをなくして、初見力をどんどん上げていきましょう。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags