先週に引き続き、創部3年目の中学校の吹奏楽部に行ってきました。

今日は、1年生ながらコンクールに出ることになった、バスクラリネットの男の子のレッスンです。

彼の一番の癖は、ほっぺたを膨らませてしまうこと。

今日は、吹奏楽部ができて3年目の中学校で、楽器を始めたばかりの1年生のレッスン。 B♭クラリネットとバスクラリネットが1人ずつなのですが、前回のレッスンが初めてだった上、それから1ヶ月経っているので、どのような練習をしていたか、少し心配でした。 だいぶ吹けるようにはなっていましたが、やはりすっかり自己流の練習になってしまっていたので、もう一度ロングトーンのやり方からしっかり復習することにしました。 やる気のある生徒達はどんどん練習をしますが、レッスンの期間が空いてしまうと、間違った…
にも書きましたが、

ほっぺたを膨らませても、いいことはありません。

「息をたくさん出している気がする」だけで、実際にはほとんど出ていないからです。

また、バスクラリネットというパートの特性上、頭打ちや後打ちだらけの楽譜を吹いているのですが、「タッ・タッ・ンタ・タン」を「ふっ・ふっ・ふ・ふっ」と、音ごとに息を入れ直して吹いている状態のため、ほぼ音にならず…

今日は、曲よりもこの2点を徹底的に練習しました。

まずは、ほっぺたを膨らまさずに大きな音で伸ばす練習。
片手で楽器を支え、もう片方の手でほっぺたを押さえて、強制的に膨らまないようにするところからです。

何度か繰り返していると、「ほっぺたを膨らまさずに吹く」という感覚が掴めてきたようで、手で押さえなくてもできるようになってきました。

音を上手に切るタンギング方法

次は、伸ばした音を切る練習。
いわゆるタンギングです。
クラリネットの場合は、舌で瞬間的にリードの振動を止めることで、音が切れて聞こえます。

リコーダーを習った時に、多くの人は「トゥトゥトゥトゥトゥ」とタンギングの説明を受けているかと思いますが、速くきれいに音を切るためには「タタタタタ」の方が適しています。

ですので、マウスピースをくわえた状態で「タ・タ・タ・タ・タ…」と、ゆっくり声を出す練習から。
最初は難しいと思いますが、これができれば、吹いた時にすんなりタンギングができます。

慣れたところで、先程の大きくてまっすぐな音を、2拍ずつくらいのタイミングで切ってみる練習を。
口が動いたり、音を切る瞬間に息が弱くなったりしないように、注意します。

演奏中にタンギングする時の注意点

最後は、楽譜通りのリズムで吹いてみました。

休みが入っていたり、短い音符のタンギングが続く時も、息はまっすぐで、舌がリードに触れている時間(振動を止めている時間)が長くなるだけ。
いちいち息で「ふっ・ふっ・ふっ」とやっては駄目です。
音の立ち上がりもきれいにならないし、なにより、速いタンギングが出てきた時に、対応できなくなってしまいます。

あっという間に1時間半が経ち、合奏で今日の成果を確認しました。

合奏となると、ついつい前の吹き方に戻ってしまいますが、先週聴いた時よりも、確実にバスクラリネットの音が聞こえる!

本人も、以前より楽しそうだし、充足感に満ち溢れていました。

本番に向けてより精度を上げて、さらに楽しい演奏ができるように、今日のレッスンを振り返って練習してもらいたいなと思います。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags