本日は、合奏経験者向けアンサンブルが行われました。

年末が近づき、ご都合がつかない方も多い中、今日はB♭クラリネットで4名の方がご参加下さいました。
ここのところ、大人数で演奏していたので、なんだかちょっと寂しい気もしますが、バスクラリネットと合わせて五重奏なら、決して少なくはないですよね。

発表会に向けて、あと2回。
今日は、2曲演奏するうちの1曲、『星に願いを』を演奏します。

この曲は、3ヶ月前のアンサンブルで演奏した曲。

本日は、合奏経験者向けアンサンブルの日でした。 今日は朝から、ここ最近の中でも特にひどい、蒸発してしまいそうな暑さでしたが、久しぶりにB♭クラリネット6人と講師のバスクラ、合わせて7人の大所帯。 少人数もいいですが、やっぱり大きめ編成でワクワクするのは、吹奏楽育ちだからでしょうか。 今日の演奏曲は『星に願いを』です。 きれいなメロディーとジャズアレンジ 様々なアレンジが出ている、この『星に願いを』ですが、今回は若手作編曲家・福田洋介さん編曲の楽譜を使うことにしました。 …

本日の参加者の方々は、その時にもいらしていただいていましたが、2時間で初見の状態から仕上げまでやったので、忘れていることも多いはず。

しっかり思い出しましょう。

間が空いた曲を演奏する前にやっておくべきこと

まずは1回通してみましたが、やはりあちこち忘れてしまっていますね。
雑然としています。

吹く瞬間や吹いたあとに「そうだ、ここはこうやるんだった!」と気づいても、もう取り返しがつきません。

しばらく間が空いてしまった曲をやる時には、あらかじめ必ず楽譜を見返しておきましょう

音を出す時間がなくても構いません。
強弱や、アーティキュレーションはもちろんのこと、どのパートと一緒に動いているのか、注意すべきポイントはどこだったのかなど、楽譜を見てしっかり思い出しておきましょう。

クラリネットは、替え指を多用する楽器ですので、そういう部分もチェックしておけるといいですね。

この作業をやっておくかどうかで、みんなで演奏した時にできることが、大きく変わってきます。

思い出す作業をするためには、合わせの時に指摘されたことや気づいたことを、きちんと楽譜に記入するクセをつけておくことが大切です。

どんな時でも、楽譜と一緒に鉛筆を用意しておきましょう。

できたこととできなかったことを確認

通したあとは、個人練習をして、

  • 今できたこと
  • 覚えていたけれどできなかったこと
  • 忘れていたこと

を確認。

個人練習の時に細かく確認作業をすることが、今後の合奏を左右しますので、しっかり冷静に、できたこととできなかったことを仕分けていきましょう。

もちろん、覚えていても指が回らない、強弱やアーティキュレーションがきちんとつけられない、などもあると思いますので、それも効率的に練習できるといいですね。

丁寧に、なるべく大きな音で楽器を鳴らし、耳でも確認するように心がけると、より効果的な練習になります。

揃った演奏のカギは、各小節への入り方

個人個人で確認が終わったら、みんなで合わせていきます。

ソロでもアンサンブルでも、演奏する上でとても大切だなぁと最近強く思うのが、フレーズ途中の小節のあたまをちゃんとはめること

フレーズの最初は意識しやすいのですが、フレーズ途中にある小節はなかなか気が回りにくく、なんとなくなだれ込んでしまうことが多々あります。

「なだれ込む」と一口に言っても、なだれ込み方は千差万別。
人数が多ければ多いほど、バラバラッとなりやすいので、テンポや拍子を各自がしっかり意識して、各小節のあたまの音のタイミングを揃えるようにしましょう。

ただし、気にしすぎて音楽が止まってしまっては、本末転倒です。

音楽の流れは止めることなく、テンポ・拍子を意識し、プレイヤー同士のアイコンタクトや、楽器のちょっとした動きで、バシッと各小節を合わせていけると、クオリティーの高い演奏になります。

ブレスが揃うと精度が上がる!

もう1つ、かっこいい演奏をするコツ。

ブレスを揃えましょう!

今回の『星に願いを』は、途中からスウィングになるのですが、ところどころ全員揃って同じ動きをすることがあります。

ここで、それぞれが思い思いに息を吸っていると、出だしが揃わないだけでなく、音のスピード感が異なってしまい、ニュアンスが違う演奏になってしまいます。

想像するだに、かっこよい演奏とは、程遠いですよね。

しかし、ブレスするタイミングやスピードを揃えることで、驚くほどにかっこよさが増します。

もし余裕があれば、その部分を吹いている中でのトップのパートの人は、ちょっと楽器を動かして合図を出せると、さらに精度が上がりますので、練習してみて下さい。

復習することで、自分のものになる

今日は、残念ながら3番パートがいませんでしたが、かなりまとまりが出てきて、良い演奏になってきたと思います。

次回アンサンブルは、発表会の前日。

また少し間が空いてしまいますし、来月のアンサンブルのあとには、練習し直す時間もないと思いますので、今日演奏したことをしっかり思い返し、定着させておいて下さいね。

また、『宝島』に関しても、思い出す作業をしっかりお願いします!

次回のクラリネットアンサンブル(経験者向け)

2018年12月23日(日)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(経験者向け)

発表会前最後のアンサンブルです。
みんな大好き『宝島』と、『星に願いを』を演奏します。
もう1曲、この季節ならではの曲もご用意していますので、アンサンブルにご興味のある方は、ぜひ楽器を持って遊びにいらして下さい!

クラリネットアンサンブル(経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り3名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のアンサンブル »
« 前のアンサンブル

関連タグで一気読み
Recommended Tags