クラリネット四重奏を体験され、すっかりアンサンブルの楽しさにはまられた生徒さん。

今後は定期的にアンサンブルクラスに参加して下さることになり、今日は一緒に、次回のクラリネットアンサンブル用の選曲をしました。

しかし、選曲っていざやろうとすると、結構難しいですよね。

選曲を任されてしまった…!

部活で。一般バンドで。仲の良い友達と…
アンサンブルをやることになり、選曲をしなければならないシチュエーションは、意外に多いと思います。

そんな時、「どうやって選べばいいんだろう…」と、思わず遠い目をしてしまう人もいるのでは。

やり方は千差万別、当然正解などありませんが、私が一般バンドでパートリーダーをしていて、パート全員でクラリネットアンサンブルをやった時の選曲方法を、ここではお伝えしたいと思います。

選ぶ基準を作る

「好きな曲をやりたい!」「そういえば、吹きたい曲があった!」など、楽曲が先に浮かぶ場合があると思います。
また「たまたま聴いた曲がかっこよかった」「素敵な曲見つけちゃった」なんてことも。

好きなもの・やりたいものをやることは、やる気にも繋がりますし、もちろん演奏していても楽しいですし、いいことだらけです。

ただ、残念なことに、その曲が出版されていない…なんてこともあるのです。
そうなると、せっかくうきうきと楽器屋さんの楽譜売り場に足を運んだのに、楽譜は買えず、また新たに曲決めをしなければいけないことに、頭を悩ませながら帰路につく羽目になってしまいます。

やりたかったものもやれず、1から考え直しだなんて、できれば避けたいですよね。
そこで私は、「何を目的にやるか」「どんな編成でやるか」「どんな雰囲気の曲にするか」ということだけ考えておいて、具体的な曲は決めずにお店に行って、その場で楽譜をパラパラッと見て決めていました。

もちろん「おもしろそうだな」と思えることが一番大事で(はっきりわからなくても大丈夫です。自分の感覚を信じましょう)、その中から条件に合うものを絞っていく、といった感じです。

アンサンブルを通して得たいものを考えよう

当時、私がアンサンブルをやる上での目標としていたのは、「クラリネットパートの演奏力の底上げ」でした。

なにより、周りを聴いて合わせる力を育みたかったので、「簡単な曲をきちんと作り上げる」ことに重きを置いて、選曲をしていました。

一見、楽譜が簡単だと、合わせるのも楽なように思えますが、実はシンプルな分、粗が目立ちます。
しかし難しい曲と違って、楽譜を必死に追うようなこともないので、周りに気を配りながら、より「合わせること」に集中できるのです。

また、その頃のクラリネットパートは大所帯だったのですが、例えば「今回10人参加します」となっても、十重奏を選ぶようなことはしませんでした。

四重奏の楽譜を用意して、1st3人、2nd3人、3rd3人、バスクラ1人というように、吹奏楽のパート分けさながらの編成にし、まずは各パート内で合わせること、それがアンサンブルとしてまとまること、の2段構えにして臨んでいました。

効果は十二分にあり、アンサンブルで楽しみながら吹いて、好評価を得ただけではなく、合奏内でもクラリネットパートの存在感は増したのです。

自分達のやり方で大丈夫!

これらはあくまで私の体験談で、「そうするべき」という話ではありません。

「プレッシャーに弱いから、一人一人の音がはっきり聞こえるアンサンブルで、難しい曲に挑戦して堂々と吹けるようになる!」でも、「歌い込む曲をみんなで美しく吹こう」でもいいのです。

「とにかくメンバーが大好きな曲ばかりやる!」「楽譜を見た時の印象で決めよう」…これも充分立派な目的で、得られるものは必ずあります。
どんな内容でも構わないので、選曲前に何かテーマを決めてみましょう。

いきなり選曲を任されたら、とても不安だと思います。
でもそれはチャンスですので、自分自身のこと、一緒にやる人達のことをいろいろと考えたり、想像したりして、楽しみながら選曲してみて下さいね。

次回のクラリネットアンサンブル(経験者向け)

2019年10月27日(日)
荻窪駅から徒歩5分の綺麗なリハーサルスタジオにて
19時00分スタート!

クラリネットアンサンブル(経験者向け)

『カルメンファンタジー』も、かなりまとまってきました。
そろそろ、並行して新しい曲もやりたいなと思っています。
リクエストがあれば、どんどんお知らせ下さい!
10月も、みんなで楽しくアンサンブルしましょう。

クラリネットアンサンブル(経験者向け)は
初回無料で体験・見学することができます。
参加可能枠は残り1名。
お気軽にご参加ください。

選べる3つのアンサンブル
バンドアンサンブル
クラリネットアンサンブル(未経験者向け)
クラリネットアンサンブル(経験者向け)

次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags