もう一回、基礎をしっかり確認したいという、経験者の方のレッスンでした。

もちろん毎回ロングトーンをやっていたのですが、初見を兼ねた基礎練習中心だったので、今日は徹底してロングトーンをやることにしました。

ロングトーンは、ついつい「なあなあ」になりがちですが、いろんな要素を含んだ練習です。
どのような意味があり、どのようなことに気をつけるべきか、きちんと考えたことがありますか?

ロングトーンは「大きく・長く伸ばすため」だけの練習?

部活などで教えている時に、「ロングトーンは、なんの練習だと思う?」と尋ねることがあります。

「音を大きくするため」
「長く吹くため」

多いのは、この2つの答えでしょうか。

いずれも、間違いではありません。
でも、これだけではないのです。

曲で使える音を手に入れる!

ロングトーンの一番の目的は、「曲で使える吹き方を身につける」ことです。

それが「大きく吹くこと」であり、「長く吹くこと」であり、「まっすぐ吹くこと」。
これができないと、曲はおろか、音階練習やタンギング練習に進むことができません。

ロングトーンは『基礎中の基礎』なのです。

一瞬たりとも気の抜けないロングトーン

その『基礎中の基礎』ロングトーン。
なんとなーく吹いている…のでは、全くと言っていいほど、意味がありません。

なによりもまず、きちんとメトロノームをかけましょう。

吹く前には、ブレスをしっかり取ることに気を配ります。
吹く瞬間は、最大限の息の量を入れながら、音の立ち上がりに気をつけましょう。
伸ばしている最中は、吹き始めと変わらない音量か。また、揺れたりしていないかを。
音の切り方にも細心の注意を払います。

このように、瞬間瞬間でやること・気をつけることが変わっていきますが、一度に全部をやるわけではないので、注意は向けやすいはずです。

もう一つ、ロングトーンには大切な訓練が含まれています。
それは「音を出しながら、頭の中でカウントを続ける」こと。

簡単そうに見えて、実は難しいこの「吹きながらのカウント」、ロングトーンのうちからしっかり繰り返すことで、曲中でごく自然に数を数え続けることができるようになります。

身につけた吹き方で曲が吹けるように

「楽器出したばっかだし、とりあえずロングトーンでもしておくか」では、せっかくの基礎練習が、基礎練習としての役目を成しません。

ロングトーンの内容次第で、曲の吹き方が変わってきますので、日々のロングトーンを惰性にせず、意味あるものにしていきましょう。


次のレッスン日誌 »
« 前のレッスン日誌

関連タグで一気読み
Recommended Tags