今日はアンサンブルに参加している生徒のレッスンでした。

今回のクラリネットアンサンブルは、3曲のメドレー。
4分の4拍子・2分の2拍子・8分の6拍子と、それぞれ違う拍子の曲がつながっています。
2分の2拍子は、今回に限り4分の4拍子でカウントした方が、縦の線も合わせやすいので、特に問題なし。

彼女の課題は、8分の6拍子です。

今まで「4分の○拍子」ばかり吹いてきたので「8分の6拍子って何っ!?」状態。

初めての8分の6拍子

まずは、「八分音符を1と数える」「八分音符3つでひとかたまりの2拍子」に、慣れなければなりません。

八分音符で動き続けている時はいいのですが、難しいのは四分音符や付点四分音符。
音符の長さをしっかり理解して、長すぎたり短くなったりしないようにしましょう。

楽譜が読めない人の共通点

楽譜が読めない・リズムが苦手(と思い込んでいる)な人に多いのが、「無理!わからない!」という拒否反応。

4拍子なら「4」、6拍子なら「6」が数えられれば、絶対に読めます。

ホントは楽譜と仲良くなりたいあなたは、こちらの記事を参考にしてみてください。

「楽譜が読めない…」 私が教えに行く学校の子供達や、新しく習いに来る個人レッスンの生徒さんが抱える大きな悩みの一つがこの読譜です。 当たり前の話ですが、私を含め、今楽譜が読めるプロのミュージシャンだって「生まれつき楽譜が読めた」なんてことは当然ありません。 楽譜なんてただの記号でしかないのに、どうして読めるようにならないのでしょう? 今回はなぜ楽譜が読めないのか、そしてどうやったら読めるようになるのかを紹介します。 本当に読めるようになるの? 結論から言うと楽譜は確実に読めるよ…

理論的に考える必要もありますが、「無理!」を取っ払って、楽譜と仲良くして下さいね。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags