スケールをこつこつ頑張っている生徒さん。

十六分音符で書いてあるスケールですが、八分音符でメトロノームをかけながらの練習なので、実質八分音符で練習中。
そんなわけで、今日は八分音符の吹き分けについて、レッスンしました。

同じテンポなのに遅く聴こえる吹き方がある?

スケールの練習をしていると、ついついパラパラと指を動かしてしまいがちです。

その練習ももちろん必要なのですが、「拍の長さをフルに使って吹く」吹き方を身につけると、曲でとても役に立ちます。

必ず、メトロノームをゆっくりめにかけて練習しましょう。

遅れてしまっては曲で使えないので、テンポより遅くなってはいけません。
でも、なるべく粘って、あっさり次の音に移らないように気をつけることが大切です。

この「拍の長さをフルに使って吹く」吹き方ができると、同じテンポでありながら、ゆったりと聞こえる演奏ができます。

歌い込みたいメロディなどを吹く時に、この吹き方ができると、聞こえ方が全然違いますよ。

遅れないギリギリのラインで

練習の際は、全部の音にテヌートをつけるイメージで吹くといいかもしれません。

テヌートだと、タンギングが伴うものがほとんどですが、タンギングはしません。
スラーで、「これより動くのが遅いと、拍にはまらなくなってしまう」という、ギリギリの動きで音階を吹いてみましょう。

思い切って遅れてしまうのも、聞こえ方のイメージを掴むためには有効です。
ただ、何度も繰り返してしまうと、遅れた吹き方しかできなくなってしまうので、気をつけて下さいね。

うまくできるようになったら、今までのさらっと進んでいく吹き方も確認します。

どのように意識をすると、吹き分けができるのかを、しっかり整理しましょう。

多彩な演奏のために

基礎練習も曲も、様々な長さの音符が出てきます。
しかし、1つの音符につき、1種類の吹き方しかできないと、単調な演奏になってしまいます。

基礎練習の時にいろいろな吹き方を試してみて、それを表現できるように、確実に身につけましょう。

音楽の表現の幅が広がり、もっとクラリネットを楽しめますよ。


次のレッスン日誌 »

関連タグで一気読み
Recommended Tags